MENU

そもそも筋肉痛が発生する原因は何なのか?

激しい運動をした翌日などには、必ずと言っていいほど筋肉痛を経験します。

 

いったいなぜ筋肉痛が起こるのだろうかと思うかもしれませんが、実はこの筋肉痛とは何なのかということについてはいまだに解明されていない部分が多いのです。

 

では今のところ筋肉痛とはいったいどんなものであると考えられているのでしょうか。

 

筋肉痛のメカニズム

 

激しい運動や筋トレをすると、筋肉を構成している筋繊維が損傷します。

 

体はその筋繊維を修復しようとするので、損傷個所には白血球などが集まってきます。

 

そして損傷個所の損傷過程で、その筋繊維が炎症を起こし、ブラジキニンやヒスタミンといった刺激物質が分泌されます。

 

しかし筋繊維には痛覚がないため、すぐに筋肉が痛みを覚えることはありません。

 

筋肉痛とは、この刺激物質が痛みを感じることのできる筋膜に達したときに発生するものとされています。

 

筋肉痛が翌日以降に来る理由はこうした原因によると考えられているのです。

 

よく筋肉痛が遅く来るのは年を取った証拠であると言う人がいますが、これは科学的に証明されていない説であり、実際には間違いであると言われています。

 

筋肉痛にならないための予防方法は?

 

筋肉痛をあまり経験したくない場合には、日ごろから運動する習慣を身に着けておくことや、休息をしっかりとることなどが助けになります。

 

筋肉痛とは筋繊維の損傷なので、負荷をかけても大丈夫なように鍛えておけば痛みを感じずにすみます。

 

筋肉痛とは何か、その原因はどんなものかをしっかり把握した上で予防と対策を練るようにしましょう。