MENU

筋肉痛の総合情報記事一覧

運動した覚えがあまりないのに筋肉痛になってしまっている方はいないでしょうか。もちろん知らないうちに筋肉を使っているということは考えられますが、もしそういった筋肉痛が長く続くようであれば別の病気である可能性があります。早めに処置することがどうしても必要ですので、どんな病気の可能性があるのかを知っておくのは重要です。まず長期間の筋肉痛で考えられる病気としては、線維筋痛症が挙げられます。これは原因不明の...

筋肉痛になってしまった時の対処法には様々なものがあります。例えばアイシング、入浴、ストレッチ、必要な栄養素を取り入れることなどです。これらをいくつか組み合わせることで、より高い回復効果が見込めます。その中で、マッサージが気持ちいいので好きという方もいるでしょう。なんとなく筋肉痛も早く回復しそうに思えます。確かに筋肉痛の時のマッサージは気持ちいいものです。とはいえ、気持ちいいとしてもマッサージには注...

インフルエンザや風邪にかかると高い熱が出て、大変な思いをします。熱だけでも大変なのに、筋肉痛になったという経験をした方も多いのではないでしょうか。運動しているわけではないのに、なぜ熱が出ると筋肉痛になるのでしょうか。インフルエンザや風邪は一般的にウイルス性の病気です。体内にウイルスが侵入すると、体はすぐにそのウイルスを攻撃して死滅させようとします。ウイルスは熱に弱いため、体は体温を高くして攻撃しま...

運動した翌日などに筋肉が傷むことを日本語では「筋肉痛」と呼びます。しかしこれを英語で言うとなると、意外と難しいと思われるのではないでしょうか。普段の生活の中でもそれほど頻繁に出てくる単語ではないからです。では筋肉痛は英語でどのように表現するかをご紹介したいと思います。基本的に筋肉痛を英語で表現すると「筋肉が痛む」という形になります。筋肉は英語で「muscle」、痛みは「sore」、「ache」、「...

つらい筋肉痛に悩まされている間は、どうしたらこの痛みを緩和できるだろうかと考えることでしょう。実は、自分で簡単にできる筋肉痛の緩和方法があるのです。その筆頭は、「軽い運動をする」ということです。筋肉痛の緩和に運動とは奇妙に感じるかもしれません。しかし、ジョギングやウォーキングなどの軽い運動は筋肉痛の緩和に非常に効果的です。というのは、筋肉の回復には血液がたくさん必要です。筋肉痛であるということは筋...

筋肉痛になってしまったら、マッサージすれば良いのではないかと思うでしょうか。実際に筋肉痛の時にマッサージをすると気持ちよく感じ、早く治るような気がするかもしれません。では、マッサージは本当に筋肉痛に効果的なのでしょうか。そもそもマッサージとはどんなメカニズムで行われるものなのでしょうか。これは体の外からある程度強い力を加えることによって静脈内にある血液やリンパ液が体内を良く巡るようにするというもの...

激しい運動をした後などには筋肉痛がやってきます。この筋肉痛は、筋繊維が損傷した後にそれを修復する過程で生じるものなのですが、ここで起こるのが超回復です。わたしたちの体は非常によくできていて、体の一部が損傷したときには同じ負荷がかかっても再び損傷しないように修復がなされます。例えば一度骨折すると次に同じような状況になっても骨折しないように骨が太く修復されます。筋繊維も同じように筋トレなどによって損傷...

つらい筋肉痛になると一刻も早くその痛みから解放されたいと思うものです。よく筋肉痛を緩和するためには筋肉を冷やすと良いと言われますが、それは本当なのでしょうか。その効果を知るためにはなぜ筋肉痛が起こるのかを知らなければなりません。運動をすると筋繊維が損傷し、その回復が始まります。筋繊維の回復には白血球の働きが重要で、いわばその部分が炎症を起こした状態になるのです。筋繊維の回復過程では刺激物質が生じ、...

毎年冬を中心に流行するインフルエンザ。症状が風邪と似ているため診断がつきにくく、風邪かと思ったらインフルエンザだった、という事例も多いです。インフルエンザの主な症状として、高熱や喉の痛みなどがありますが、中には筋肉痛を伴う場合もあります。筋肉痛と言うと、運動によって引き起こされるものという認識がありますが、インフルエンザにかかったときも、筋肉痛は起こり得るのです。インフルエンザの筋肉痛と、運動など...

スポーツなど、体を激しく動かすとやってくる筋肉痛。普段運動不足だから、多少の筋肉痛は仕方がないか…なんて具合に、あきらめていませんか?筋肉痛は、運動の前後でケアを行うことで、しっかり予防ができるんです。今回は、その「予防法」についてご紹介しましょう。まずは運動をする「前」に行う予防です。最も大切なのは、体の筋肉をほぐしておくストレッチとウォーミングアップです。ウォーミングアップと言っても、短い距離...

筋肉痛のメカニズムは運動などをして筋肉に負荷をかけて、筋繊維が損傷を起こすことで起こります。筋肉痛を感じるのは運動の直後というわけではなく、数時間〜翌翌日というのがメカニズムです。時間を置いて起こるこの痛みのことを「遅発性筋痛」と呼び、一般的には筋肉痛として広く知られています。普段からスポーツなどを行なっていないという方は、筋肉を使っていませんので筋肉を使う運動などをすることで特に痛みも強くなって...

筋肉痛=乳酸というイメージが定着しているのですが、実際のところは原因はまだ究明されていません。激しい運動などを行いますと、身体から乳酸が出てしまいますので、その乳酸が原因で筋肉痛になってしまうと考えられていました。実際はまだ医学的に乳酸が原因となって、筋肉痛になってしまうと解明されたわけではありません。筋肉痛になってしまうのは、筋肉害の組織の水分量が上昇してしまって、筋を圧迫することによって筋肉が...

頭痛に伴って、身体全身の筋肉痛が出る場合もあります。頭痛が原因となって筋肉痛などが出る場合には、病院などでの治療も困難な病気である可能性も高いと言えます。身体全身の筋肉痛が伴ってしまうような、頭痛として挙げられるのが緊張型頭痛、慢性疲労症候群、線維筋痛症などです。頭痛が原因ではなく、肩こりや筋肉痛によって頭痛が起こっている可能性も考えられます。その場合には、肩こりや筋肉痛を改善していくことによって...

筋肉痛だと思って放置していても、なかなか痛みが収まらないという方は、違う病気を疑っていかなければいけません。筋肉痛のような痛みを生じてしまう、原因不明の病気もあるということを知っておきましょう。からだには痛みがあるにも関わらず、検査などをしても異常が見当たらない「線維筋痛症」という病気があります。線維筋痛症は検査では異常が発見されるようなことはありませんが、原因不明の痛みを伴ってしまう病気です。全...

筋肉痛は年齢とともに、痛くなるのが遅くなってしまう。このような話を聞いたことがある日とは多いのではないでしょうか。運動などを久しぶりにされた方などは、筋肉痛の症状が遅く現れたときには年齢を感じたという人も多いでしょう。筋肉痛というはそもそも、運動直後から直ぐに起こるものではありません。筋肉痛という運動してから、半日〜翌翌日程度に起こると考えられています。歳をとると筋肉痛が遅いと言われているのは、遅...

筋肉痛というのは長引く場合であっても、1週間以内には痛みは引いてくるものです。1週間以上も筋肉痛の痛みが収まらずに、長引くような場合には何かしらの病気である疑いも考えていかなければいけません。筋肉痛と間違えやすいとして知られているのは「肉離れ」になります。特に普段から運動を行っておらず、久しぶりに運動をされるという方は肉離れになりやすいので注意しなければいけません。久しぶりに運動をして、筋肉痛にな...

先ず最初に知っておかなければいけないのは、筋肉痛が直接の原因となって発熱することはないということになります。筋肉痛が直接的な原因となって、発熱することはありませんが間接的な原因となって発熱に繋がるケースは多々あります。筋肉痛になってしまうということは、体への負荷がかかっているからです。普段行なわない運動などをされてしまうと、筋肉への負荷がかかり筋肉痛になります。体の疲労が蓄積されてしまうことにもな...

お酒を飲んだ次の日に「体が痛い」と感じられたことがある人は多いのではないでしょおうか。二日酔いが原因で筋肉痛になってしまうのは、決して珍しいことではありません。お酒の影響によって、筋肉痛になってしまう可能性はあるということを知っておきましょう。お酒に含まれるアルコールと筋肉痛にはどのような関係があるのかを理解されておくと良いです。アルコールというのは本来少量であれば、摂取することによって動脈硬化の...

女性の方は生理前に運動をしていないのに、筋肉痛や関節痛を感じられてしまうことがあります。やけに身体が重かったり、筋肉が凝り固まっているという感覚にになってしまうというケースは決して珍しいことではありません。特にふくらはぎの部分などに、筋肉痛や関節痛のような痛みを感じてしまいます。PMSと呼ばれる月経前症候群によって、筋肉痛になってしまっているという状態です。生理前になりますと女性は、ホルモンバラン...

激しい運動をして筋肉痛になる方の中には、痛みの他にだるいと感じる人もいるようです。実は筋肉痛になってだるいと感じる場合、体が警告を出しているかもしれないので注意が必要なのです。まず筋肉痛になっているということは体には大きな負担がかかっているということになります。筋繊維が損傷して、体は炎症を抑えようとしているからです。結果として筋肉痛になっている部分は発熱しますし、体が負担を感じている場合もやはり発...

つらい筋肉痛を経験していると、こんなに痛い思いをする前に何かできる事はないのかと思うかもしれません。実は筋肉痛を軽減するのに非常に効果的なものとしてアミノ酸を上げることができます。筋肉痛は筋繊維が損傷した後、その回復過程で生じると考えられています。その際にはたんぱく質が筋繊維の回復を助けますが、たんぱく質が分解された状態であるアミノ酸はより体に吸収されやすく、筋肉痛からの回復に効果的であるとされて...

肩が痛い時には、その痛みが肩こりから来るものなのか、筋肉痛から来るものなのかわからない時があります。しかしこの二つは全く違うものなので、今の痛みがどちらの要因から来るものなのかをしっかり見極めなくてはなりません。そうしないと間違った治療法によってより症状が悪化してしまうことがあるからです。まず筋肉痛について考えてみましょう。筋肉痛は運動などによって、何か突発的な負荷が筋肉にかかり筋繊維が損傷するこ...

筋肉痛には二つの種類があるということをご存じでしょうか。一つは現発性筋肉痛、もう一つは遅発性筋肉痛というものです。現発性とは、まさに運動している最中に筋肉が痛むというものです。これは運動を負えれば自然と解消されていきます。一方で遅発性筋肉痛とは、運動後一日もしくは二日後に現れる筋肉の痛みの事です。したがって一般的に筋肉痛と言われているものは、この遅発性のものであるということです。よく「年を取ったか...

ダイエットなどに効果的な方法として有酸素運動が取り上げられることがあります。短距離走など大きな負荷をかける無酸素運動とは異なり、ジョギングや水泳などの有酸素運動は筋肉に軽い負担を長時間かけることを目的としています。どちらの運動も筋肉痛を引き起こすことがありますが、実はその対処方法は異なります。有酸素運動は軽い運動を行いますが、今まであまり運動してこなかった方の場合最初の頃は筋肉痛が出ることがありま...

筋肉痛になってしまった場合、必要な栄養素を取り入れることによって素早く痛みを治すことができます。筋肉痛の回復に役立つ栄養素の一つがビタミンです。特にビタミンB1とビタミンB6は筋繊維の回復に必要なたんぱく質の吸収を助ける働きがあります。人間の体は摂取したたんぱく質をエネルギーに変換するのにビタミンが必要になります。運動後にしっかりとビタミンを摂取すると、トリカルボン酸回路と呼ばれる回路が素早く回転...

筋肉痛を早く回復する方法は温めることやマッサージ、ストレッチなどさまざまです。しかし筋肉痛に必要な栄養を積極的に取り入れることも早く回復するための方法です。まず筋肉痛にどうしても必要な栄養の一つがたんぱく質です。筋肉痛は筋繊維の損傷からの回復過程で生じます。筋肉はたんぱく質で出来ているので、筋肉を回復させるためにはどうしてもたんぱく質という栄養が必要なのです。さらに必要な栄養としては、疲労物質であ...

筋肉痛になってしまうと、歩くことや後ろを向くことなど日常生活のちょっとした動作が難しくなることがあります。特に激しい運動をした翌日などは筋肉痛になりやすいのですが、体質によって変わるものなのでしょうか。まず普段あまり体を動かしていない人は筋肉痛になりやすいと言えます。さらに体を動かすことが好きな人でも、普段あまりしない運動をしてしまった場合なども筋肉痛になりやすいケースです。そもそも筋肉痛とは筋繊...

筋肉痛の緩和に必要な栄養素はたくさんありますが、その中でも非常に重要なのがカルシウムとマグネシウムです。カルシウムとマグネシウムはバランスよく摂ることが非常に大切で、カルシウムを2とした場合にマグネシウムは1のバランスで摂ると良いとされています。ではマグネシウムは筋肉痛とどんな関係があるのでしょうか。マグネシウムの大きな特徴は治癒力があるミネラルだということです。マグネシウムは血管を拡張して、リラ...