MENU

筋肉痛の原因やなりやすい人の特長及び運動について解説

筋肉痛になってしまうと、歩くことや後ろを向くことなど日常生活のちょっとした動作が難しくなることがあります。

 

特に激しい運動をした翌日などは筋肉痛になりやすいのですが、体質によって変わるものなのでしょうか。

 

まず普段あまり体を動かしていない人は筋肉痛になりやすいと言えます。

 

さらに体を動かすことが好きな人でも、普段あまりしない運動をしてしまった場合なども筋肉痛になりやすいケースです。

 

そもそも筋肉痛とは筋繊維の損傷を体が修復する回復過程で起こるものです。

 

普段から運動をしない人は、少しの運動でも筋繊維が損傷して炎症を起こしてしまうため、筋肉痛になりやすいのです。

 

普段しないような動きをした場合も同様で、引っ越しや階段の上り下りなどで筋肉痛になる人も多いです。

 

筋肉痛を感じやすい体質がある一方で、筋肉痛になりやすい運動やなりにくい運動もあります。

 

一般的には筋肉を収縮させる運動よりも伸ばす運動の方が筋肉痛になりやすいと言われています。

 

例えばダンベルを持ち上げる運動よりも持ち上げたダンベルを下げる方が負荷がかかりやすいのです。

 

しかし空気椅子のように筋肉の収縮がない動きの場合には筋肉痛になりにくい運動となります。

 

筋肉痛になりやすい運動をする時には、ゆっくりと動いて負荷をなるべくかけないようにすべきです。

 

日常生活では重い荷物を下ろしたり急な坂や階段を下りたりすることがありますが、よく注意して筋肉痛を回避できるようにしたいものです。

スポンサーリンク

関連ページ

勘違い注意!筋肉痛の症状によく似た病気とは?
油断禁物!気持ちいい筋肉痛マッサージがまさか逆効果に?
熱が出るとナゼ筋肉痛になるの?この時の筋肉痛は体に良い?悪い?
筋肉痛を英語でいうと?運動での筋肉痛の英語はちょっと違う!
筋肉痛を緩和するには筋肉を固めないことと血流が大切!
知っておく事でモチベーションUP!筋肉痛にマッサージが超有効な理由
筋肉痛と超回復の関係は?食事と栄養補給で効果UP!
筋肉痛は冷やすと良くなるのは本当?最も注意すべきポイント
高熱と筋肉痛はかなりの確率でインフルエンザの可能性!?
みんながやってる筋肉痛の予防として最も正しく効果的な方法とは?
筋肉痛が発生するメカニズムは実はまだ解明されてない?
筋肉痛の原因は乳酸ではない?考えられる原因とは?
頭痛と筋肉痛の関係は?首や肩コリからくるケースと対応策
原因不明の筋肉痛のような痛みが生じた時に考えらる病名は?
筋肉痛が遅いの年齢が理由じゃなかった!じゃあなぜ遅い?
筋肉痛が長引く場合に考えられる2つの原因とは?
発熱の原因が筋肉痛ってことある?発熱するケースをリサーチ!
二日酔いの時に筋肉痛になる原因とは?特に注意したいポイント
生理前の筋肉痛はなぜ起こる?水分の摂取量や体の歪みが原因?
筋肉痛とだるい症状を同時に感じた時に疑う病気とは?
筋肉痛はアミノ酸で回復が早まる!?その理由と摂取のタイミングを解説!
悪化の危険も?筋肉痛と肩こりの違いは必ず理解しておこう
遅発性筋肉痛はこんな時になる!原因と対処法について解説
筋肉痛の時に有酸素運動は効果的か?無酸素運動との対処法比較
ビタミンが筋肉痛にもたらす効果は?こんな食材から摂取できる!
筋肉痛に必要な栄養って?効果がある栄養分について解説
マグネシウムがもたらす筋肉痛への効果とは?摂取の仕方も解説!