MENU

筋肉痛が2日後にくるのは本当に老化が原因?その真実とは・・・

皆さんも一度は聞いたことがあるかもしれません。

 

「年を取ると、筋肉痛は2日後にやってくる」という説。

 

これは果たして事実なのでしょうか?

 

若いときは運動した直後〜翌日に筋肉痛が来ていたのに、年をとったら2日後に来るようになった。

 

そんなことを訴える人々は数多くいます。

 

しかし、筋肉痛がやってくる時間帯や日にちは、必ずしも年齢と関係があるとは限らないようです。

 

少しきつめの運動をすると、疲労物質が筋肉内にたまり、それが筋肉痛を起こしています。

 

ただし、疲労物質の流れは、年齢を重ねると共にスピードが落ちていきます。

 

年齢によって代謝が低下した結果、疲労物質がやってくるのが遅くなった。

 

結果として、筋肉痛が2日後にやってくるようになった。

 

ということが考えられます。

 

ただし、若い人でも運動の程度や本人の代謝能力によっては、すぐに筋肉痛がやってくるとは限りません。

 

逆に、年齢を重ねた人でも、激しい運動をすればすぐに筋肉痛がやってきます。

 

筋肉痛が来たら、しっかりと睡眠をとって、代謝を回復させることが大切です。

 

痛みの程度や継続日数によっては、ただの筋肉痛ではない場合もありますので、こうした時には病院を受診することも大切です。

 

運動の前には、準備体操で筋肉(特に下半身)をほぐしておくこと、運動後はクールダウンで体を徐々に元の状態に戻しておくこと。

 

こうした試みを行うことで、筋肉痛の程度を減らすことも可能です。

 

運動は前後の準備を入念に行い、筋肉が柔らかくなった状態からスタートしましょう。

スポンサーリンク