MENU

スポンサーリンク

筋肉痛になった!でも湿布がなくて冷えピタで代用しても大丈夫?噂の真相!

筋肉痛になると、患部を冷やした方が良いと聞きます。湿布などが筋肉痛の回復に役立つと言われているものの、家に湿布がない場合には冷えピタで代用したいと思うこともあるかもしれません。

 

冷えピタは風邪などで熱が出た時に使うものなので、人体に害があることはありません。しかし筋肉痛に効き目があるものなのでしょうか。結論から言うと、冷えピタは筋肉痛の初期の段階では効果があります。

 

筋肉痛は筋繊維の損傷が回復する過程で生じます。最初は筋繊維が炎症を起こしているので、筋肉は熱を帯びています。この時には筋肉を冷やして炎症を抑えるようにした方が筋肉痛を軽減することができます。

 

この段階で冷えピタを使用するのは有効です。肩や腰に冷えピタを貼って、患部の熱を取るようにしましょう。しかし、熱が収まり筋肉の炎症が収まった後は筋肉痛から回復するために温めてあげなければなりません。

 

冷えピタを使用し続けると血流が悪くなり、筋肉痛からの回復に必要な栄養素や酸素が流れにくくなってしまうからです。患部が熱を帯びなくなり、血行が良くないように感じたなら冷えピタの使用をやめた方がいいでしょう。

 

その後はお風呂に入って患部を温めて血流を良くすることで、より早く筋肉痛を緩和することができるのです。筋肉痛の初期は冷えピタのようなものを、その後は温湿布を使って回復を早めている方もいます。

 

ぜひ使い方をよく考えて、適切に冷えピタを使用するようにしましょう。

スポンサーリンク