MENU

筋肉痛にクエン酸は本当に効果的?成分から真実を検証!

スポーツなどの激しい運動をすると、翌日酷い筋肉痛になることがあります。

 

できるだけ早く痛みから解放されたいと思うかもしれませんが、そのために役立つのがクエン酸です。

 

クエン酸とは、すっぱいと感じる成分のことで疲労回復や美肌効果、ミネラルの吸収促進などに効果があります。

 

このクエン酸が筋肉痛を和らげたり早く回復させたりするのに役立つのです。

 

筋肉痛は運動によって筋繊維が損傷するとともに、乳酸などの疲労物質がたまり痛みが出るものです。

 

つまり疲労物質をできるだけ早く体外に排出することが筋肉痛を治す近道となります。

 

このクエン酸は筋肉痛の原因となる乳酸を炭酸ガスに変えて尿として体外に排出するのを助けてくれます。

 

それだけでなく、クエン酸は体内で乳酸が作られにくくする作用もあるので筋肉痛を改善するのに非常に効果的なのです。

 

クエン酸が多く含まれている食品にはレモンや梅干しなどすっぱいものが多くなります。

 

さらに黒酢もクエン酸が多く含まれている食品の一つです。

 

黒酢にはクエン酸が多く含まれているだけでなく、血行を促進し代謝も良くなるという効果があり、プロのアスリートでも愛飲している人が少なくありません。

 

もし次の日の筋肉痛が気になるという方は、運動する前や後に黒酢を飲むとクエン酸が体内で良い働きをしてくれることでしょう。

 

筋肉痛になりそうなときには食べるものや飲むものにも気を使って、なるべく軽い症状ですむようにしたいものです。

スポンサーリンク