MENU

久々の運動だと筋肉痛とむくみがダブルで襲ってくる!対策はコレ!

筋肉痛というのは、現代医学においてもどのように起こるのかメカニズムはまだ解明されていません。

 

筋肉痛と関係しているであろう原因などは取り上げられているのですが、どれも根拠に乏しいというのが現実であると言えます。

 

疲労物質である乳酸などが溜まることによって、筋肉痛になってしまっていると一般には考えられています。

 

現代医学では逆に乳酸などが原因ではないという考え方が一般的となっています。

 

このように筋肉痛というのは、未だ解明されていない症状ではありますが日常的に起こってしまうものです。

 

久しぶりに運動をしたという方は、筋肉痛による痛みに悩まされてしまうことでしょう。

 

筋肉痛による痛みとうのは、長くても1週間程度で治まってきます。

 

それ以上痛みが続くという場合には何かしらの病気である可能性もありますので、病院で医師の診断を受ける必要があるでしょう。

 

そして久しぶりに運動をされた方というのは、筋肉痛だけではなく「むくみ」にもなりやすくなるでしょう。

 

むくみというのは、身体の中の水分は血行不良によって起こってしまいます。

 

運動をすることによって、水分を沢山摂取してしまいますとむくみやすくなりますので注意しなければいけません。

 

そしてむくみやすい方は、ストレッチも重点的に行う必要があります。

 

特に久しぶりに運動をされるという方は、運動を行う前、行った後にストレッチを行う必要があります。

 

運動後のストレッチというのはむくみの予防だけではなく、筋肉痛の予防にも最適ですので行うように心掛けていきましょう。

スポンサーリンク