MENU

翌日に筋肉痛にならないと翌々日に筋肉痛が襲ってくるかも?

筋肉痛が翌日に来ないと「年齢」を感じてしまうという話をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

激しい筋力トレーニングや運動を行っても、翌日に筋肉痛にならず翌翌日などに筋肉痛に襲われるケースもあるでしょう。

 

そもそも本当に年齢とともに、筋肉痛が現れるのが遅くなることに対して疑問を抱いてもおかしくはありません。

 

筋肉痛というのはそもそも運動直後に起こるものではありません。

 

筋肉痛が起こるのは、運動してから半日〜翌翌日程度で起こります。

 

遅発性筋肉痛と呼ばれており、筋肉痛が起こるまでにはある程度の時間がかかってしまうものなのです。

 

筋肉痛が加齢と共に遅くなるという研究成果などは、どこからも出ていないというのが現状であると言えるでしょう。

 

筋肉痛とうのは、加齢とともに差があるという研究成果は出ていませんおで科学的に証明されていない話になります。

 

筋肉痛というのは、筋肉の使用頻度によって大きく変わってきます。

 

筋肉を使用する頻度が多ければ多いほど、筋肉痛になりにくくなり、負荷の強いトレーニングを行っても筋肉痛になりません。

 

筋肉トレーニングなどを久しぶりに行うと、翌々日に筋肉痛なってしまいます。

 

そして定期的に筋肉トレーニングを行っていきますと、筋肉痛の症状が現れるのが早く出るようになるというデータが出ています。

 

このように年齢を重ねるうちに、運動を行わなくなり、それに共ってな筋肉を使わなくなることで筋肉痛の症状が出るのも遅くなってしまうと言えます。

 

年齢を感じるというのではなく、運動を行わなくなったことが原因で筋肉痛が出るのが遅くなったと判断するのが正しいのではないでしょうか。

スポンサーリンク