MENU

体の部位一覧記事一覧

筋肉痛は激しい運動をした場合にだけ起こるものではありません。ちょっとした軽い運動でも、普段使わない筋肉を使うと筋肉痛になることがあります。脇腹はその代表例でしょう。脇腹の筋肉を意識して使うことは日常生活であまりありません。しかし特別な機会にこの筋肉を使うと、翌日痛みが出ることがあります。例えばゴルフのスイングや野球のバットのスイングなどが挙げられるでしょう。さらにテニスや卓球といった体を左右に振る...

運動した後は体のさまざまな部分が筋肉痛になります。お腹も例外ではなく、筋肉痛になると笑うのも大変ですし、咳をするのも一苦労です。しかしお腹が筋肉痛になってしまって、しかも長く痛みが続く場合には、もしかすると他の病気なのかもしれないので注意が必要です。通常のお腹の筋肉痛の場合、しばらく笑ったり咳をしたりするのが大変ですが、どれほど長くても10日以内に完全に回復します。特に筋肉痛に効果的な対処法を講じ...

肩甲骨とは人間の方に左右一対になっている骨で、三角形の形をしています。この肩甲骨の周りが筋肉痛になることがあります。現代人は特にこの肩甲骨の筋肉痛に悩まされることが多くなっているのです。肩甲骨は鎖骨とつながっており、そもそも可動範囲の非常に広い骨です。しかしオフィスワークや家事などによって肩甲骨が正常な状態よりも少し外側に開きがちになります。すると周りの筋肉が凝り固まってしまい、筋肉痛となってしま...

現代人の多くが腰痛に悩まされています。オフィスで長時間仕事をする人も、立ち仕事をする人も慢性的に腰痛である場合が少なくありません。しかしなかなか治らないその腰痛は、実は筋肉痛なのかもしれません。というのは、腰の痛みには二つの種類があります。一つは腰の周りの筋肉が痛むという腰痛、もう一つは腰の骨が痛む関節系や神経系の痛みです。もし腰の痛みが関節系や神経系から来るものであれば、動けないほど痛むことが多...

手のひらが筋肉痛になった経験があるでしょうか。手のひらというとあまり筋肉痛にならないイメージがありますが、楽器の演奏や物書きなど指を酷使した場合には起こる可能性があります。ではそんな時にはどうしたら筋肉痛を解消できるのでしょうか。手のひらの筋肉痛にもっとも効果的なのはストレッチとマッサージです。マッサージは片方の手のひらをもう片方の手の親指でもむという簡単な方法です。ストレッチも非常に簡単にできま...

筋肉痛というと手足の事と思いがちですが、以外にも足の裏も筋肉痛になります。特にマラソンなどの運動を急にした場合や、立ち仕事を長時間した場合などがそうです。足の裏が筋肉痛になると、歩くのも大変になってしまいます。ではどうしたら足の裏の筋肉痛を軽減することができるのでしょうか。他の部分の筋肉痛と同じく、足の裏もアイシングが必要な場合があります。冷やしてあげることで炎症を抑え、筋肉の回復を助けるのです。...

筋肉痛になりやすい部分は多くありますが、その中でも特につらいのはお尻の筋肉痛です。お尻はマラソンなど脚の付け根を酷使する運動をした後などに筋肉痛になりやすいものです。いったん筋肉痛になってしまうと、歩くたびに痛みが出て日常生活に支障が出てしまうこともあります。お尻が筋肉痛になってしまった場合にはいったいどうやって痛みを緩和したらよいのでしょうか。通常の緩和策はもちろん効果的です。例えば、お尻を冷し...

筋肉痛の中でもすねに生じるものは、治りにくいものの一つです。というのは、すねは運動不足になりがちな部分なのでいざ筋肉痛になってみるとなかなか治りません。足先を曲げたり足首の曲げ伸ばしをしたりした翌日にはこのすねの筋肉痛が出ることが多いです。さらにふくらはぎの疲労が多いとすねも筋肉痛になります。ふくらはぎが収縮するとすねは緩みます。しかし筋肉が凝り固まっていると緩むことができず、さらに強い力で修復し...

背中が筋肉痛になってしまった場合、なかなか治らないことが少なくありません。というのは背中の筋肉を使う機会はあまり多くなく、時々激しい運動などをすると激しい痛みに襲われることになるからです。特に前かがみの姿勢を長時間とったり、物を引っ張ったりした場合に背中の筋肉痛が起こりやすくなります。その場合休養をとったりマッサージしたりすることも非常に重要ですが、もしかするとストレッチを行うことによって筋肉痛を...

筋トレと筋肉痛は切っても切れない関係にあります。毎日筋トレを行っていれば筋肉痛もそれほど起こらないかもしれませんが、間隔が空いてしまうと途端に激しい筋肉痛に襲われることになります。特に腹筋などは手軽にできる筋トレである一方で、普段それほど使わない筋肉であるがゆえに筋肉痛も激しいものです。腹筋は笑う時やくしゃみをする時など日常生活の様々な面で使う筋肉であるため、余計に気になります。ではどうしたら腹筋...

記筋肉痛というと激しい運動をした翌日などに出てくるものというイメージがあります。それは決して間違いではなく、多くの場合筋肉痛は普段使わない筋肉を使った結果筋繊維が炎症を起こした痛みとして現れます。しかしもし特に運動をしたわけでもないのに全身が筋肉痛である場合には、もっと別の病気を疑う必要があるかもしれません。その一つが線維筋痛症です。これは原因不明の病気で、全身のあらゆる部分が痛むというものです。...

仕事の関係で毎日よく歩くという方も多いのではないでしょうか。また就職活動をしている学生さんたちも歩き疲れて足首が筋肉痛になることがあるでしょう。しかし仕事も就職活動も休むわけにはいかないので、できるだけ早く治したいと思うことでしょう。通常の筋肉痛であれば運動後すぐにアイシングすること、マッサージすることといった対処法があります。しかし足首の場合、仕事中に冷やしたりマッサージしたりするということはな...

筋肉は全身にあるので、どの部分が筋肉痛になってもおかしくはありません。しかし意外なことにみぞおちも筋肉痛になることがあります。みぞおちの筋肉痛と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、いったんなってしまうと咳をしたり笑ったりするのもつらいくらいの痛みがあります。どんな時にみぞおちの筋肉痛が起こるのでしょうか。もし腹筋などの筋トレをしてみぞおちの筋肉痛になったとしたら、かなりしっかり腹筋に負荷がかけら...

わたしたちの体は全身に筋肉がついています。そして筋肉がある場所であればどこでも筋肉痛になる可能性があります。それは顎でも同じです。顎というと筋肉痛になるとはにわかには信じがたいですが、実際に顎の筋肉痛に悩まされている方は少なくありません。しかしこの顎の筋肉痛は何かの筋トレによって生じるものではありません。顎の筋トレなんて聞いたことがありませんよね。多くの場合、顎関節症からくる痛みです。顎には咀嚼筋...

久々に筋トレをしてみたり、普段使わない筋肉を使ってみたりすると翌日筋肉痛に悩まされることがあります。特に腹筋は普段から鍛えていないと、筋肉痛になりやすい部分といえるでしょう。下腹部が痛くなって、笑ったときや咳をする時などに激痛が走ることも珍しくありません。筋肉痛を軽減したり早く治したりするために効果的なのが運動前後のウォーミングアップやクールダウン、さらには筋肉痛になってしまってからのストレッチで...

足の付け根にはたくさんの筋肉が集まっており、歩くときや走るときにはいつでもそれらの筋肉が働いています。ですからジョギングやウォーキングを始めたばかりの頃や久しぶりに再会した時などは足の付け根が筋肉痛になることがあるのです。日ごろよく使う筋肉なので、もしかすると日常生活に支障が出てしまうくらいの筋肉痛になってしまうかもしれません。ではどうすれば足の付け根の筋肉痛を緩和できるのでしょうか。まず足の付け...

記人間の体には非常に多くの筋肉があるため、自分では気づかないうちに筋肉を使ってその部分が筋肉痛になるということがありえます。肋骨などがその一例といえるでしょう。肋骨周辺の筋肉をわざわざ鍛えるという人はあまり多くありません。しかし時に気づかないうちに肋骨周辺の筋肉が筋肉痛を起こしているということがあります。肋骨周辺の筋肉をよく使う状況として考えられるのが激しい席をたくさんした場合です。基本的に咳は自...

背中には多くの筋肉が集まっていますが、総じて背筋と呼ばれます。この背筋が筋肉痛になると背中を曲げるのが大変なので、例えば靴下を履く動作などがつらくなります。では背筋の筋肉痛の原因とその対処法をご紹介します。どんな筋肉痛でもそうですが、原因は筋繊維の損傷の回復段階で発生する刺激物質です。しかし腕や足の筋肉が運動などをきっかけに筋肉痛になるのに対し、背筋は日常生活のちょっとした動作で筋肉痛を引き起こす...

腰の痛みというと、腰痛と称していることが多いですよね。でも、この腰痛の中に「筋肉痛」も含まれているのです。筋・筋膜性腰痛と言って、腰の筋肉が炎症したり、過度に負担がかかると出てくる痛みです。腰の周辺の筋肉が疲労していることによる筋肉痛なのですが、腰への強い打撃で発生することもあります。重いものを持ち上げる・同じ姿勢を続けている・激しいスポーツをしている方に発生しやすく、慢性的な痛みになることもあり...

現代人の仕事は、パソコン作業中心のデスクワークが多くなりがちです。そのため、肩や首が筋肉痛を起こしてしまうという人も増えています。首は頭を支える重要な部位であり、日ごろから負担がかかりやすい部位でもあります。したがって、首の筋肉痛になってしまうこと自体は、珍しいことではありません。首の筋肉痛自体は大きな問題ではないのですが、首の筋肉が衰え、痛みが慢性化してしまうと、他の部位に大きな影響を与えてしま...

人間の体の中で、もっとも筋肉痛になりやすい部位と言えば、足…特にふくらはぎではないでしょうか。長時間立ちっぱなしでいたり、スポーツで負荷をかけたりするなど、何かと負担の多いのが、足の筋肉です。筋肉痛の程度や持続時間は人それぞれで、運動して数分後に足が痛む人もいれば、数日後に痛む人もいます。筋肉痛は、普段あまり使っていない筋肉を突然酷使すると起こる現象です。デスクワークなど、足を動かさない仕事が増え...

筋肉痛になりやすい部位の一つとして「腕」があります。重いものを持ち上げたり、筋肉トレーニングなどで負荷をかけることも多いため、腕の筋肉痛を経験された方は多いと思います。程度によっては動かすだけでも痛い、ということもあるだけに、腕の筋肉通は侮れないものです。普段から腕を酷使している方はもちろん、めったに行わない運動をしたせいで筋肉痛になってしまわないように、筋肉痛対策はしっかり行いましょう。例えば、...

筋肉痛と言うと、手足に発生するものというイメージが強いですが、場合によっては胸に来ることもあります。胸には体の姿勢を支える筋肉が集中しており、衝撃から体を守る働きを持っています。胸の筋肉痛の原因は、外からの衝撃や激しいせきなどが主体になりますこの場合、安静していれば痛みは少ないため無理に体を動かそうとしなければ問題ありません。しかし、単なる筋肉痛では片付けられない、重大な疾患が発生している場合もあ...

記肩の筋肉痛と言うと、肩こりを思い出す方も多いでしょう。確かに、肩こりと筋肉痛の症状は似ています。しかし、肩こりと筋肉痛のメカニズムは、全く違う者なのです。肩こりの場合、同じ姿勢を続けることで方の筋肉に負担がかかり、筋肉がこわばって血管が圧迫されることで発生します。解消するためには、肩を叩く・もむといった刺激を与えて、血行をスムーズにすることが大切です。一方の筋肉痛は、筋肉が疲労したものと損傷した...

下半身の筋肉は、日ごろから負担がかかりやすい部位です。そのため、仕事で肉体労働が多い方や、スポーツをしている方は、特に下半身の筋肉痛を起こしやすい傾向があります。下半身の筋肉痛の中でも厄介なのが股関節の筋肉痛です足の付け根付近が痛くて、歩くだけでも辛いという状態に始まり、症状がひどくなると、股関節周辺の骨・関節にも影響をおよぼしてきます。股関節が筋肉痛を起こす原因は、主に筋肉の使いすぎていることに...

記喉の異常といえば、風邪などによる炎症や痛みを真っ先に思い浮かべますよね。まさか喉が筋肉痛になることは無いだろう…と思いきや。実は、喉が筋肉痛になることもあるんです。そもそも筋肉痛は体の筋肉を使いすぎて疲れがたまって起こるもの喉にも声を出すための声帯をはじめ、様々な筋肉が集まっています。大きな声を連続で、長時間出していた場合に、喉がかれて声が出にくいことがありますよね。あの現象は、喉の筋肉が疲れて...

顔というのはイメージ的には、筋肉痛にならないと考えられてしまうかもしれません。筋肉痛というのは、筋肉がある部分であれば起こる症状です。顔にも筋肉がありますので、顔の表情筋などに刺激を与え続けてしまうと筋肉痛になってしまいます。風船などを何度も膨らませたりしてしまうと、表情筋の部分などを使うことになりますので筋肉痛などになる可能性もあります。それ以外にも歯の噛みあわせが悪いという方は、筋肉痛になる可...

筋肉痛というイメージは足や腕、お腹だと思っている方がほとんどでしょう。自分が今まで筋肉痛になった箇所などを考えると、そのイメージが定着していても仕方がありません。筋肉痛というのはそもそも筋肉が損傷したことによって起こる痛みになります。筋肉がある箇所であれば、筋肉痛になる可能性があるとも言えるでしょう。それでは指も筋肉痛になるのかと疑問に思われる方もいるかもしれません。ゴルフやギターなどをされている...

人間の身体というのは骨格と筋肉によって構成されています。心臓付近に痛みが生じてしまいますと、病気を患ってしまったのではと不安を感じてしまうでしょうが筋肉痛の可能性も考慮する必要があります。胸の筋肉を使うような運動を行われた際には、胸部の筋肉痛になってしまいます。胸部の筋肉痛というのは、他の部分よりも痛みが強くなりやすいので心配になってしまいますが1週間程度で痛みは治まります。もしも1週間以上も痛み...

助間に筋肉痛の痛みを感じてしまう場合には、何かしらの違う症状であることを疑っていかなければいけません。筋肉痛というのは、筋肉のある部分に痛みが生じてしまうものです。激しい運動などを行った際などには、筋肉がその負荷に耐えることが出来ずに筋肉痛になってしまうと考えられます。助間などの痛みが運動などを行わずに起こってしまっている場合には、筋肉痛などではなく「助間神経痛」という症状を懸念しなければいけませ...

マラソンなどの趣味を持っている方は、きちんと膝周りの筋肉は鍛えておかなければいけません。ランニングやジョギングを始められた方というのは、膝を故障してしまう人が多いのです。ウォーミングアップなどをされずに走られる方も多く、膝を負傷してしまって走ることを止められるというケースも珍しくありません。ランニングやジョギングの初心者の方は、膝の故障を防いでいくことから考えていかなければいけません。膝周りの筋肉...

腕立て伏せやベンチプレスを行いますと、脇の部分が筋肉痛になってしまう場合が多いです。大胸筋を鍛えようと思っているのに、脇の部分が筋肉痛になってしまっていて疑問に思われてしまうことでしょう。基本的に大胸筋というのは、大きな筋肉となっています。大胸筋は外側端は、脇の下に集まっています。腕立て伏せやベンチプレスを行って、脇の部分が筋肉痛になっているというのは何もおかしなことではありません。それだけトレー...

ジョギングなどの足を動かす運動を行いますと、足だけではなく臀部にも筋肉痛がおこってしまいます。お尻の筋肉は使っていないようで、足を動かす際などには使う筋肉の部分です。臀部が筋肉痛になってしまいますと、日常生活にも支障をきたしてしまうでしょう。歩く際にも臀部は痛みますが、座っていてもお尻が痛いと感じてしまう場合が多いです。筋肉痛は長くても1週間程度で解消されることにはなりますが、出来る限り早く解消す...

舌の付け根に筋肉痛のような痛みを感じる場合があります。これは舌が筋肉痛になっているというわけではなく、痛みが似ているというだけです。舌は筋肉痛になるわけではありませんので、何かしら違う原因で痛みを感じていると考えられます。舌の付け根に痛みを感じる場合には、舌扁桃が炎症を起こしている可能性を先ずは考慮されるのが宜しいでしょう。舌扁桃と呼ばれる部分は、リンパが集まっている部分のことです。この部分が炎症...

前脛骨筋と呼ばれる筋肉は、すねの外側にある筋肉のことになります。前脛骨筋は他の筋肉の部分とは違い、小さい筋肉ではありますが人間にとっては欠かすことの出来ない筋肉の一つです。この筋肉の役割は、歩行する際に必要になります。歩行する際に自分がどの部分の筋肉を使っているのかを意識して歩くようにして下さい。歩いて行く際に、踵から着地して足底を全部床に接地して、前脛骨筋によって腿が前傾していくという感じになり...

胃腸が弱い方は、慢性的に胃痛に悩んでいるかもしれません。しかし別に胃腸が弱いわけではないのに、最近胃が痛むという人もいるでしょう。もちろん胃の痛みは胃がんや胃炎などの病気の症状かもしれませんが、それほど深刻ではなさそうなケースもあります。そんな方は筋肉痛を疑ってみることができるかもしれません。実は下腹の筋肉や、背中の筋肉に負荷がかかって筋肉痛になっている場合、胃痛として認識されることが少なくないの...

筋肉痛と聞くと激しい運動などをした後に来るものというイメージがあります。確かにウエイトトレーニングや水泳、スノーボードなどをした翌日は激しい筋肉痛に襲われることが少なくありません。しかし意外なことに、腕や足の筋肉だけではなく横隔膜も筋肉痛になることがあるのです。実は横隔膜とは「膜」ではなく、ドーム型の形状をした大きな筋肉なのです。息を吸うときにはこの横隔膜が収縮し、息を吐くときには弛緩することによ...

筋トレをしたりマラソンなどの運動をしたりすると腕や足が筋肉痛になることがあります。こうした腕や足の筋肉の事をアウターマッスルといい、脇腹や下腹の筋肉の事をインナーマッスルといいます。容易に想像できるように、インナーマッスルはアウターマッスルのように大きな負荷をかけることはあまりありません。しかしインナーマッスルも筋肉なので、負荷をかけ続けると筋肉痛になることがあります。もっともわかりやすい例として...

長時間立ち仕事をしていたり、急にマラソンをしたりすると足裏が痛くなることがあります。意外かもしれませんが、足裏も筋肉痛になることがあるのです。腕や足が筋肉痛になることは珍しくありませんが、どうして足裏が筋肉痛になるのでしょうか。足裏が筋肉痛になるメカニズム自体は腕や足と変わりません。立ち仕事や走ることなどによって足裏の筋肉が酷使されて、筋繊維の損傷と炎症が起こっているのです。筋肉痛のメカニズムが一...

体の中でも筋肉痛になりやすい部位の一つが二の腕ではないでしょうか。ちょっとした筋トレでもすぐに筋肉痛になってしまいます。しかし、家でも簡単にできるストレッチでつらい筋肉痛を緩和することができるのです。もちろん大前提として、温かいお風呂に入ることや筋肉痛を和らげる栄養素を含んだ食事をとっている必要があります。この二の腕のストレッチに必要なものは背もたれのある椅子だけです。まず椅子に浅く座り、片方の腕...

筋肉痛を感じている時に運動していいのかどうかは意見が分かれるところです。特にマラソンなどをしている方であれば、休むことによって体力が落ちたり筋力が低下したりするのではないかと不安になるでしょう。では筋肉痛の時に走るのは良いことなのでしょうか。結論から言えば、筋肉痛の程度によって走るかどうかを決めることができます。まず軽度の筋肉痛の場合には運動をした方が痛みを緩和できる可能性が高いので、走るという選...

運動を頻繁にする人でも、足の部分の激しい筋トレをすると太ももの筋肉痛になることがあります。太ももは筋肉が他より大きいため筋肉痛の痛みも強くなるという傾向があります。太ももは歩くために必ず使う筋肉でもあるため、日常生活でも支障が出てしまうこともあるでしょう。そんな時に筋肉痛を解消する方法はあるのでしょうか。運動するときの注意点として挙げられるのは、運動後必ずクールダウンするということです。激しい運動...