MENU

筋肉痛の時にクレストールを使う効果と副作用について

クレストールという薬について聞いたことがあるという方はそれほど多くないでしょう。

 

クレストールは血液中のコレステロールを下げるための薬で、主に高コレステロール血症の治療などに用いられています。

 

悪玉コレステロール、中性脂肪を減らすのに効果的で、心筋梗塞の予防にも役立ちます。

 

特に高脂血症の方の場合、心筋梗塞のリスクを約30%低下させると言われています。

 

それほど効果的な薬であるクレストールにも副作用がいくつかあります。

 

肝機能以上などに加えてよく見られる副作用が筋肉痛です。

 

クレストールによる筋肉痛が危険なのは、横紋筋融解症という症状を引き起こす可能性があるからです。

 

横紋筋融解症はクレストールとフィブラート系の高脂血症薬の併用によって生じる恐れが高くなります。

 

主な症状は筋肉痛、手足のこわばり、手足のしびれ、急激な腎機能悪化などがあります。

 

クレストールによる副作用は服用を始めて5日以内に現れることが多く、筋肉痛などの症状も服用を中止することで改善に向かう場合がほとんどです。

 

ですからクレストールを服用してふくらはぎなどに筋肉痛を感じたら、ただちに使用を中止し医師に相談してください。

 

急性肝炎や肝がんの方のように肝臓の機能が低下している場合にはクレストールを使用することはできません。

 

腎機能の低下している方も原則服用はできないことになっています。

 

しっかりと用法を守って筋肉痛などの副作用が出ないようにクレストールを使用するようにしましょう。

スポンサーリンク