MENU

筋肉痛に効く飲み薬はコレ!考えられる副作用についても解説

筋肉痛になると、あまりの痛みに早く解消したいと思います。

 

実は筋肉痛に効果的な飲み薬があるということをご存じでしょうか。

 

筋肉痛に効果のある飲み薬について知っておくと、日常生活に支障が出るほどの筋肉痛になってもそれを乗り越えることができるのです。

 

その代表的な飲み薬がロキソニンです。

 

ロキソニンは一般の薬局やドラッグストアでも購入することができる痛み止めの飲み薬で、良く頭痛や生理痛のためのものと考えられています。

 

しかしロキソニンの効能には筋肉痛、歯痛、神経痛など非常に幅広い痛みの軽減があるのです。

 

このロキソニンは飲んでから効果が表れるまでおよそ30分から1時間程度で、筋肉痛を大きく和らげることができます。

 

ただし飲み薬なので吐き気や嘔吐、むくみ、じまんしん、眠気、肝臓へのダメージなどの副作用が出る恐れもあるので注意が必要です。

 

ロキソニン以外の飲み薬としてはバファリンが挙げられます。

 

バファリンというと、頭痛薬というイメージが強いでしょう。

 

しかしバファリンは筋肉痛にも効果があるのです。

 

一日二回まで、飲む間隔を6時間以上あけるようにしましょう。

 

こうした飲み薬によって筋肉痛を和らげることができます。

 

もちろん筋肉痛がまったくなくなるというわけではなく、日常生活を通常通り送ることができる程度まで軽減されるということです。

 

ぜひ自分に合った飲み薬を薬局などで見つけて、つらい筋肉痛を乗り越えるようにしたいものです。

スポンサーリンク