MENU

筋肉痛にロキソニンってどうなの?その効果と副作用について

つらい筋肉痛の時に、何か鎮痛剤はないかと思うこともあります。

 

多くの人が好んで飲んでいる鎮痛剤がロキソニンです。

 

このロキソニンは第一類医薬品として2011年から病院以外の薬局でも販売されるようになり、手が届きやすい薬となりました。

 

主な成分はロキソプロフェンナトリウム水和物で、15歳未満のお子さんは飲むことができません。

 

鎮痛剤はたくさん販売されていますが、このロキソニンは効果が高くかつ副作用が少ないという点で他の鎮痛剤よりも重宝されています。

 

一般的には頭痛、歯痛、生理痛に効くと考えられていますが、それよりもはるかに広い範囲の痛みに効きます。

 

ロキソニンは腰痛、関節痛、神経痛、耳痛そして筋肉痛にも効果があるのです。

 

筋肉痛の激しい痛みに悩まされているときには、ロキソニンを飲んで痛みを緩和することも良いかもしれません。

 

しかし注意が必要です。

 

ロキソニンにも少ないとはいえ副作用があります。

 

軽いものでは吐き気、長期間の使用による副作用では腎臓障害や肝臓障害などが挙げられます。

 

さらにロキソニンが効くのは、血管を収縮させて筋肉痛からの回復を一定期間阻止するためなので、体の自然の働きとは反しているということも覚えておきましょう。

 

ですからロキソニンなどの鎮痛剤は、筋肉痛の解消のためではなく、どうしても痛くてたまらない時に痛みを緩和するために用いるようにしてください。

 

上手に薬を使えば、筋肉痛の痛みから解放されて、また運動ができるようになるのです。

スポンサーリンク