MENU

筋肉痛で病院に行くのはアリ?1週間以上続くなら診断を!

筋肉痛程度で病院に行くというのは、抵抗があるのは当然です。

 

筋肉痛とは時間が経過すれば、治る場合がほとんどであると言えるでしょう。

 

一般的には筋肉痛が治るのには、長くても1週間程度になりますので、筋肉痛で辛い場合でも一週間程度我慢すれば必然的に痛みも和らいできます。

 

病院以外で筋肉痛を早いうちに治したいと考えているのであれば、プロテインなども効果的であると言えるでしょう。

 

プロテインにはタンパク質など筋繊維を修復させる成分が沢山含まれていますので、積極的に摂取することで筋肉痛を早く改善することも可能です。

 

それ以外にもクエン酸も効果的な成分として挙げることが出来るでしょう。

 

スポーツドリンクなどにも、乳酸などを取り除く為のクエン酸が含まれているのです。

 

クエン酸は梅干しや柑橘系のフルーツの入っているのが特徴ですので、積極的に摂取していきましょう。

 

1週間以上も続くひどい筋肉痛の場合には、病院へ行くことを検討するようにしましょう。

 

筋肉痛程度で病院に行くのはダメと考えられてしまうかもしれませんが、もしかしたら筋肉痛ではないという可能性も考えられます。

 

筋肉痛に似たような痛みを感じる病気もありますので、1週間以上も痛みが続いてしまう場合には病院で検査を受けられるのが一番です。

 

筋肉痛のような痛みがあり、勘違いされやすいのが「線維筋痛症」という病気になります。

 

この病気は身体中に原因不明の痛みが起こってしまう病気です。

 

診断をしても特に異常が見つからないにも関わらず、身体中に痛みがある病気になりますので早急に病院で治療を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク