MENU

ダイエット中の筋トレで筋肉痛になった時の原因と対処法

ダイエットは多くの人の関心事の一つです。

 

今や多くの人が肥満に悩んでおり、ダイエットをしようと思って筋トレに励んでいます。

 

確かに筋トレをすればダイエットになるのですが、それに伴って激しい筋肉痛に襲われることもあります。

 

ダイエットに効果のある筋トレでも筋肉痛が出るまで行う必要があるのでしょうか。

 

その点を知るためには筋肉痛が起こるメカニズムを知らなければなりません。

 

ダイエットのために筋トレをすると筋繊維が損傷します。

 

すると体は筋繊維を修復しようとして白血球がその部分に集まってきます。

 

この白血球による筋繊維の修復過程で刺激物質が分泌されます。

 

実は筋繊維は痛みを感じないので、この時には筋肉痛にはなりません。

 

その後刺激物質が筋膜に達すると筋肉痛として痛みを感じるようになります。

 

実際にダイエットのために筋トレをすると筋肉痛になることがほとんどです。

 

痛みを感じた時には休息をとるのが回復を早める方法と言えます。

 

しかしダイエットのために筋トレをしていて休息をとっていいのだろうかと感じることもあるでしょう。

 

筋肉は数日休んだくらいでは減少したりしません。

 

さらに筋トレによって代謝も良くなっているので、ダイエットの効果もそれほど薄れることはないでしょう。

 

ですからダイエットのために筋トレをするのであればあまり無理をせず筋肉痛になったらストレッチなどと共に休息をしっかりと取って効果を高めるようにしていきたいものです。

スポンサーリンク