MENU

筋肉痛とヘルニアの違いは?腰や首のこんな痛みには要注意!

ヘルニアに悩まされている人は多くいます。

 

ヘルニアとは体内の臓器などが本来あるべき位置から飛び出してしまうことです。

 

一般的によく聞くのは腰の椎間板の一部が突出してしまう椎間板ヘルニアでしょう。

 

椎間板ヘルニアは進行すると非常に激しい痛みを伴うようになりますが、軽度のうちは筋肉痛と間違えることも多いようです。

 

椎間板ヘルニアは腰に原因があるにもかかわらず、ふくらはぎや太ももといった下肢に筋肉痛のような痛みを感じます。

 

もし筋肉痛のような痛みが長期間続くようであれば、椎間板ヘルニアを疑ってみてもいいかもしれません。

 

椎間板ヘルニアが筋肉痛のような痛みを引き起こすため、中にはマッサージなどをして痛みを緩和しようとする方がいます。

 

しかし椎間板ヘルニアの場合、マッサージは逆効果でより症状が悪化することが報告されています。

 

運動した後などの心当たりがないのに筋肉痛になっている場合、一度医師の診察を受けた方がいいかもしれません。

 

さらに、椎間板ヘルニアは実際に筋肉痛を引き起こす病気でもあります。

 

椎間板ヘルニアになると、腰やお尻だけでなく太もも、膝、ふくらはぎ、すね、足首など下肢であればどこでも激しい痛みを感じます。

 

その結果歩いたり座ったりするときに他の部分に負担がかかるようになります。

 

無理な体勢で座ったり歩いたりすることが増えるので、筋肉痛が引き起こされるのです。

 

ぜひヘルニアと筋肉痛の関係を良く知って、症状を改善するようにしましょう。

スポンサーリンク