MENU

もうがまんできない!筋肉痛がひどい場合にとるべき最終手段

筋肉痛は乳酸という疲労物質が溜まることによって起こると考えられています。

 

実際のところは筋肉痛という現象が、乳酸によって起こっているのかは医学的にまだはっきりとはされていません。

 

筋肉痛というのはまだ科学的に、どのように引き起こされているのかは分かっていないという段階なのです。

 

久しぶりに運動をしてしまった後には、筋肉痛がひどいという方が多いのではないでしょうか。

 

筋肉の負荷の激しい運動をされてしまう場合には、それだけ筋肉にもひどい負担をかけてしまっているという状態です。

 

筋肉への負荷が強ければ強いほど、筋肉痛の痛みもひどいものになってしまうでしょう。

 

筋肉痛の痛みというのは、鎮痛薬でひどい痛みを抑えていくことが出来ます。

 

これはあくまでも一時的な処置であると言えるでしょう。

 

筋肉痛そのものを改善するというわけではありません。

 

筋肉痛の痛みは取り除いていくことは出来ますが、筋肉痛を治すというわけではありません。

 

あまり頻繁に薬を飲み過ぎてしまいますと、薬への耐性が無くなってしまう可能性がありますので控えるようにしましょう。

 

筋肉痛による痛みがひどい状態にならないように、運動をした後には時間をかけてストレッチを行うようにして下さい。

 

そしてクエン酸を摂取するのも効果的です。

 

クエン酸と呼ばれる物質は、グレープフルーツ、レモン、梅干しなどに含まれています。

 

酸っぱいと感じる成分がクエン酸になりますので、筋肉痛の際には酸っぱい食べ物を食べると効果的であると言えるでしょう。

スポンサーリンク