MENU

スポンサーリンク

筋肉痛と貧血や吐き気または頭痛や眠気を感じる原因と克服する方法

女性の方であれば、貧血に悩まされているという方も多いのではないでしょうか。貧血の原因は鉄不足で、体内の鉄分が不足することによってヘモグロビンが少なくなると全身への酸素の供給が行われにくくなり疲労感・倦怠感、めまい、立ちくらみなどが生じます。

 

さらに酸素不足を補おうと、心臓がより激しく鼓動するため頻脈や動悸が起こることもあります。貧血は鉄不足が主な原因なので、全身の酸素が不足することによって代謝が落ちてしまいます。その結果引き起こされるのが筋肉痛です。

 

筋肉には酸素が不可欠であり、緊張した筋肉が弛緩する際にも酸素が使われます。筋肉内には酸素を受け取って蓄えるミオグロビンという鉄分があります。貧血によって酸素が少なくなるとミオグロビンも酸欠になり、筋肉の弛緩が行われにくくなります。

 

筋肉が弛緩しないとずっとこわばったような状態になるので筋肉痛が生じるのです。この場合の筋肉痛は筋繊維の損傷によるものではないので、通常のマッサージやストレッチなどではあまり改善が見られません。

 

筋肉痛を改善するためには、まず貧血を克服することが必要になるでしょう。貧血を改善する近道は鉄分を摂ることです。鉄分はレバーなどに多く含まれていますが、レバーを毎日食べるのは大変でしょう。

 

そこで鉄分のサプリメントなどが販売されているので、飲んでみることができるかもしれません。貧血と筋肉痛が同時に襲ってきた場合には、筋肉痛の原因が鉄不足の可能性もあるということを覚えてきましょう。

スポンサーリンク