MENU

痛すぎる筋肉痛は一般的にどのくらいの期間で治るのが普通?

つらい筋肉痛になると、いつ治るのだろうかと気になることでしょう。

 

筋肉痛は激しい運動などによって筋繊維が損傷することによって引き起こされます。

 

筋繊維が損傷すると、その損傷個所を修復しようとして白血球が集まってきます。

 

その修復過程で痛みを引き起こす物質が分泌され、筋肉痛となるのです。

 

つまり筋肉痛がどのくらいの期間続くかを知るためには、どのくらいの期間で筋繊維の修復が終わるかということを知らなければなりません。

 

一般的に筋肉痛が続く期間は2〜3日間であると言われています。

 

しかしこれはあくまで目安であって、運動した方の年齢や負荷の量などによって期間が変わります。

 

普段あまり運動しない方がいきなり負荷の高い運動をした場合には完全に回復するまで10日以上の期間が必要なケースもあるのです。

 

もし筋肉痛の回復までに長い期間が必要だと感じたなら、この期間を短くするための対策を講じることができます。

 

その点で効果的なのはマッサージと温冷浴です。

 

特にマッサージは運動直後に行うと効果が高まります。

 

運動後は筋肉に疲労物質が溜まってしまっているので、マッサージによって疲労物質を排出することが必要なのです。

 

さらに温かいお風呂と冷たい水風呂に交互に入ることによって、やはり疲労物質の排出を促進することができます。

 

こうした簡単な方法で、完全に回復するための期間を短くすることが可能なのです。

 

これから激しい運動をする方は、こうした方法についてあらかじめ知っておくとよいかもしれませんね。

スポンサーリンク