MENU

原因はコレ!筋肉痛と体重の意外な関係性とその後の体重の変化

最近太りすぎたので、筋トレでもしてダイエットしようと思っている方は少なくないでしょう。

 

しかし経験談を見ると、筋トレして筋肉痛になると体重が増えるという意見が多く見受けられます。

 

せっかくダイエットしようと思って運動しても、体重が増えてしまっては元も子もありません。

 

なぜ筋トレをすると、そして筋肉痛になると体重が増えるのでしょうか。

 

そもそも筋肉と脂肪では筋肉の方の比重が重く、同じ体積であれば筋肉の方が重いのです。

 

したがって筋肉質になってきたのに体重が減らないというのは、ある意味で当たり前と言え、むしろ筋肉がついてきている証拠と考えらえます。

 

しかし筋肉痛になっている場合には、まだ筋肉がつく前の状態です。

 

いったいなぜ体重が増えてしまうのでしょうか。

 

それは筋繊維が損傷して筋肉痛が生じる際には、疲労物質が筋肉にたまります。

 

この疲労物質がたまっている状態になると、体内の水分の代謝が鈍って体外に排出されにくくなります。

 

するとこの水分の重さだけ体重が増えたように見えるのです。

 

もちろん代謝が鈍るのは一時的なものですから、しばらくすれば体重が減っていくことになります。

 

それでもこの筋肉痛に伴う体重の増加を防ぎたいのであれば、疲労物質を早く排出することが必要です。

 

マッサージやストレッチ、入浴などを行うことによって血液の流れを良くし、疲労物質を早く排出できます。

 

筋肉痛と体重の増加にはこのような関係があるのです。

スポンサーリンク