MENU

スポンサーリンク

胸や足が筋肉痛で張りがある時にとっておきたい対処法!違いにも注意!

筋肉痛と一言に言っても、その原因はさまざまです。筋肉痛の中には筋肉が断裂しているといった障害が原因で起こっているものがあります。

 

一方で通常の筋肉痛のように運動などによって引き起こされるものもあります。もし筋肉の張りを感じているのであれば、筋肉痛には至らないまでも筋肉に疲労物質が溜まっているのかもしれません。

 

筋肉の張りは体に害はないものの、なるべく早く回復してあげた方が良いでしょう。筋肉の張りを感じたなら、疲労物質の除去と張りを解消するための対策を講じなければなりません。

 

まず筋肉の張りを解消するために行えるのが、軽いマッサージやストレッチです。張りから来る筋肉痛の場合、筋肉を少し動かすことによって痛みや張りが緩和されることが少なくありません。

 

ただしあまり力を入れてマッサージをすると逆に筋繊維を傷つけて筋肉痛が悪化することがあるので注意が必要です。張りが少し強い時には、水分を多めにとったりクエン酸を摂取したりして疲労物質の排出を促すことができます。

 

もし効き目が薄いと思うなら、湿布や痛み止めを利用することができるでしょう。筋肉の張りや筋肉痛は通常1週間程度で自然に回復するものです。しかしもし何週間も、もしくは何ヶ月も筋肉の張りが続いているような場合には医師の診断を仰いだ方が賢明です。

 

筋肉の張りの場合には、整形外科などで適切な治療を受けることが可能です。ぜひただの張りと甘く見ず、早めに対処するようにしましょう。

スポンサーリンク