MENU

スポンサーリンク

筋肉痛になると意外にもこんな弊害が!激しい運動後にはケアが大切

筋肉痛になると嫌だという方もいれば、筋トレの後は筋肉痛にならないとしっかりやった感じがしないという人もいます。筋肉痛は運動による筋繊維の損傷が回復する時に生じるものですが、筋肉が成長するために不可欠なものということができます。

 

しかし、その反面弊害も存在します。その筆頭は、やはり痛みでしょう。筋肉痛は筋トレが激しければ激しいほどひどくなり、回復までの期間も長くなります。

 

それだけなく、それほど激しい動きでなくても普段使わない筋肉を使った場合に起こります。例えばスノーボードのような一見激しい運動ではなくても全身を使っているスポーツをするとひどい筋肉痛になることがあります。

 

激しい痛みによってなかなか眠れないという弊害をもたらすこともあるのです。さらに日常生活にも支障をきたす弊害があります。ふくらはぎや太ももは、歩くために毎日使う筋肉なのでひどい筋肉痛になると歩くこともままなりません。

 

仕事に行くのも大変と感じることさえあります。その一方で、筋肉痛になると眠くなるという弊害を感じる人も多いようです。筋肉は疲労物質を排出し、筋繊維を回復させるために力を使うため眠気を感じることがあります。

 

仕事に集中できなかったり、精彩を欠いたりしてしまうことも多くなります。その他にもたくさんの弊害があるので、筋肉痛にならないように、もしくはなっても軽度の痛みですむようにしっかりと運動前後のケアをしておくことが必要なのです。

スポンサーリンク