MENU

つらい筋肉痛が一週間以上治らない場合に考えられる原因とは?

筋肉痛はつらいものですが、通常はどれほど長くても一週間程度で回復するものです。

 

しかし一週間以上筋肉痛が続く場合はどうしたらよいのでしょうか。

 

筋肉痛が一週間以上続いている場合に考えなければならないのは、本当にその痛みが筋肉痛なのかどうかということです。

 

まず考えられるのが肉離れです。

 

筋肉痛と肉離れの違いとして挙げられるのが、痛みが出る時とその継続期間です。

 

筋肉痛が時間をおいて痛みが出てくるのに対し、肉離れは運動後すぐに痛みが出ます。

 

さらに痛みが一週間以上長引き、腫れてきた場合には肉離れを疑った方が良いでしょう。

 

筋肉痛のような痛みが一週間以上続いている場合、神経痛の疑いもあります。

 

神経痛の場合には、痛みだけでなくまひやしびれが同時に生じることが多いです。

 

筋肉痛はお腹や胸、さらに腕などに生じることが多いですが、神経痛の場合には骨の変形が現れることがあります。

 

こうした肉離れや神経痛は日常生活に支障をきたし、自然に治癒することはありません。

 

必ず医師の適切な処置が必要な症状になるので、一週間以上筋肉痛のような痛みが続き、しかもひどくなっているような場合には病院に行った方がいいでしょう。

 

まれにですが、筋肉痛が一週間以上経って回復するということもあります。

 

時間をおいて徐々にであれ回復しているのであれば、もう少し様子を見てもいいかもしれません。

 

筋肉痛になってしまった場合には、それ以上痛みがひどくならないように気をつけましょう。

スポンサーリンク