MENU

肘や膝が曲がらないほど痛い筋肉痛はどう対処するべきか?

筋トレをした翌日などは筋肉痛に悩まされることがあります。

 

中には腕が曲がらないほど痛みがあるという方もいるほどです。

 

腕が曲がらないと、日常生活に支障をきたすこともあるのでなるべく早く緩和したいと思うことでしょう。

 

もっとも早く筋肉痛を治す方法はやはり休息です。

 

腕が曲がらないほどの筋肉痛であれば、しっかり体を休めて回復を待つようにしましょう。

 

とはいえ仕事や学校があれば休んでいるというわけにもいきません。

 

筋肉痛に耐えながら通勤や通学をするわけですが、腕が痛くて曲がらないからといって痛くないところで腕を固定するようなことが無いようにしましょう。

 

腕を固定すると筋肉が凝り固まってしまい回復が遅れる恐れがあるからです。

 

筋肉痛で曲がらないと思っても、少しずつ動かしていると曲がるようになっていきます。

 

血液がしっかりと巡るようにすれば徐々に筋肉痛は和らいでいくでしょう。

 

ただし時間が経つとまた同じように曲がらないほどの痛みを感じることになります。

 

数日間は筋肉痛の痛みに耐えながら、徐々に動かすように心がけましょう。

 

筋肉痛には筋繊維の回復と疲労物質の排出が不可欠です。

 

たんぱく質やクエン酸といった栄養素をしっかりと取るとともに、温かいお風呂などに入って血行を促進しましょう。

 

腕が曲がらないほどの筋肉痛の場合には筋トレの負荷が大きすぎると考えられるので、回復した後は少し負荷を軽くして筋トレを続けるようにしてください。

スポンサーリンク