MENU

覚えておいて!筋肉痛と肉離れなどの他の症状の見分け方

運動した後に筋肉に痛みを感じると、「筋肉痛になってしまった」と感じるかもしれません。

 

しかし激しい運動をすると筋肉痛以外の症状によって痛みが生じている可能性もあります。

 

では筋肉痛と他の症状の見分け方をご紹介しましょう。

 

筋肉痛は運動によって筋繊維が損傷し、その回復過程で生じる痛みです。

 

数日から一週間程度で回復するのが普通です。

 

一方で捻挫は関節の可動範囲を超えて動かしてしまった場合に生じ、靭帯を損傷することもあります。

 

見分け方は運動直後に関節に激しい痛みを生じるという点です。

 

肉離れは筋肉痛とは異なり筋繊維ではなく筋肉自体が断裂して起こります。

 

運動直後から筋肉が激しく痛むのが特徴で、無理な引き伸ばしや収縮をさせたかどうかが見分け方となります。

 

関節に大きな力が加わって関節を安定させている靭帯が損傷した場合には靭帯損傷が起こります。

 

重症の場合には手術が必要になることさえある怪我です。

 

見分け方は、腫れがひどいという点です。

 

翌日まで痛みが続いてひどく腫れてきた場合には、病院で診察を受けましょう。

 

骨折という怪我もあります。

 

骨折の場合には筋肉でも靭帯でもなく、骨に大きな力が加わって折れるものです。

 

長期間経過しても痛みが引かない場合には骨折を疑った方がいいかもしれません。

 

骨折の場所によっては歩ける場合もあるので、歩けるからといって強い痛みを軽視しないようにしましょう。

 

こうした見分け方をしっかり覚えておいて、筋肉痛との違いを見極めるようにしましょう。

スポンサーリンク