MENU

ボディパンプで激しい筋肉痛になってしまった時のケア方法

ボディパンプという筋トレの方法をご存じでしょうか。

 

ボディパンプとは軽量バーベルを用いて、低負荷高回数のウエイトトレーニングをする有酸素運動を主体としたスタジオレッスンプログラムです。

 

バーベルと聞くと重い物を持ち上げるイメージがありますが、ボディパンプは初心者であれば軽いバーベルを定められたフォームで繰り返し上下させることで運動量を増やし、効率的な運動効果を得ることができます。

 

脚、胸、背中、上腕三頭筋、上腕二頭筋などによってフォームが決まっており、効果的に体を鍛えることができます。

 

ボディパンプではそれぞれのフォームに3〜5分の曲が割り当てられており、ボディパンププログラムのすべてを行うと、60分にもなります。

 

ボディパンプはバーベル自体はそれほど重くないものの、高回数の負荷をかけるため筋肉への負担は大きくなります。

 

その結果ボディパンプを行った翌日にすさまじい筋肉痛になる人も少なくありません。

 

筋肉痛は筋繊維の損傷からの回復過程で生じるので、筋肉痛が出ているということはボディパンプが成功している一つの証拠といえます。

 

しかし筋肉痛がひどいとボディパンプが続けられないだけでなく日常生活にも支障が出てしまうことがあるので注意が必要です。

 

ボディパンプをした後はしっかりとマッサージなどの体のケアをしなければなりません。

 

加えてたんぱく質やクエン酸、ビタミンなどの栄養を摂取してあまり筋肉痛にならないようにしたいものです。

スポンサーリンク

関連ページ

楽しみが苦痛に!?スノボで筋肉痛にならないための予防法
人体の秘密!筋肉痛の時には運動はしないほうが良い?それとも・・・
筋トレの基礎知識!筋肉痛の時にはどんなケアをすれば良い?
ゴルフのための筋肉痛対策!翌日に疲れを残さない方法
自転車にどのくらい乗ると筋肉痛になる?対策と解消方法を紹介
水泳で起こる筋肉痛を緩和する方法と対策について紹介!
筋肉痛と肉離れの見分け方!初期対策で患部を悪化させない方法
筋肉痛の時はトレーニングは休む?休まない?計画性が最重要!
初心者注意!ボルダリングの筋肉痛は激痛!テクニックでカバーできる?
腹筋ローラーで筋肉痛がひどすぎる時にはココの見直しが必要!
筋肉痛の時にジョギングはなぜ有効?無理をしなければOK!
間違えると逆効果!?筋肉痛の時に筋トレするのはアリ?ナシ?
ヨガで筋肉痛になってしまうケースと予防のための柔軟性について
ランニングでなるべく筋肉痛にならない方法と起こりやすい場所
登山で筋肉痛にならない為には下山後の15分間が大切!
ロードバイクで筋肉痛になった時のアフターケア方法について解説!
スノーボードで筋肉痛になるのはなぜ?理由と回復方法について解説!
ピラティスで筋肉痛になるケースと正しい対処法について
テニスで筋肉痛にならないための予防と対処法について
懸垂の筋トレとやりすぎで筋肉痛になった時の回復の方法について