MENU

自転車にどのくらい乗ると筋肉痛になる?対策と解消方法を紹介

学生さんであれば通学に自転車を使っているという方が多いのではないでしょうか。

 

さらにサラリーマンの方でも交通費を節約するために、もしくは健康のために自転車を利用しているということも増えてきました。

 

しかし自転車に乗り始めたころは翌日にかなりきつい筋肉痛になることがあります。

 

自転車に乗らなければ使わなかったであろう筋肉を急に使うことになるからです。

 

しかし実際には自転車に乗ることは健康やダイエットのために極めて効果的です。

 

自転車に乗る際は主に下半身の筋肉を使いますが、これは全身の筋肉のおよそ70%にあたります。

 

さらに自転車は有酸素運動であるため、健康にも非常に良いというメリットもあるのです。

 

加えて動きの特徴として筋肉痛になりにくいとされています。

 

もちろん慣れないうちは筋肉痛がつらいということがあるかもしれませんが、毎日もしくは二日に一回程度自転車に乗っていればそのうち痛みを感じなくなるでしょう。

 

特に通勤通学で利用している方であれば毎日乗らなければならないわけですから、筋肉痛から解放されるのも早いですね。

 

もちろん筋肉痛がつらいようであれば、太ももやふくらはぎのストレッチをして痛みを和らげることも可能です。

 

温冷浴をすれば乳酸などの疲労物質を体外に排出しやすくなり筋肉の回復を促進できます。

 

自転車に乗ることを長く続ければ続けるほど健康に資するわけですから、筋肉痛に負けることなく忍耐強く乗り続けるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

楽しみが苦痛に!?スノボで筋肉痛にならないための予防法
人体の秘密!筋肉痛の時には運動はしないほうが良い?それとも・・・
筋トレの基礎知識!筋肉痛の時にはどんなケアをすれば良い?
ゴルフのための筋肉痛対策!翌日に疲れを残さない方法
水泳で起こる筋肉痛を緩和する方法と対策について紹介!
筋肉痛と肉離れの見分け方!初期対策で患部を悪化させない方法
筋肉痛の時はトレーニングは休む?休まない?計画性が最重要!
初心者注意!ボルダリングの筋肉痛は激痛!テクニックでカバーできる?
腹筋ローラーで筋肉痛がひどすぎる時にはココの見直しが必要!
筋肉痛の時にジョギングはなぜ有効?無理をしなければOK!
間違えると逆効果!?筋肉痛の時に筋トレするのはアリ?ナシ?
ヨガで筋肉痛になってしまうケースと予防のための柔軟性について
ランニングでなるべく筋肉痛にならない方法と起こりやすい場所
登山で筋肉痛にならない為には下山後の15分間が大切!
ロードバイクで筋肉痛になった時のアフターケア方法について解説!
スノーボードで筋肉痛になるのはなぜ?理由と回復方法について解説!
ピラティスで筋肉痛になるケースと正しい対処法について
テニスで筋肉痛にならないための予防と対処法について
ボディパンプで激しい筋肉痛になってしまった時のケア方法
懸垂の筋トレとやりすぎで筋肉痛になった時の回復の方法について