MENU

筋トレの基礎知識!筋肉痛の時にはどんなケアをすれば良い?

男性の方であれば趣味が筋トレという方も少なくないのではないでしょうか。

 

筋トレをした翌日に筋肉痛が来ると、自分は筋トレをしたという実感がわいてさらにやる気が出るものです。

 

しかし筋肉痛は筋繊維が傷んで修復しているときに起こるものなので、気にせずそのまま筋トレを続けていくのは避けた方が賢明です。

 

筋トレをして筋肉痛が起こっているということは、筋繊維が次のトレーニングに向けて準備をしているところなので、そこにさらに筋トレを重ねてしまうと筋肉が増えなくなってしまいます。

 

筋肉を修復することによって更なる筋トレができるというわけなのです。

 

ですから、筋トレした後に筋肉痛が起こった場合には無理をせずにしっかりと体に休息を与えることが必要なのです。

 

つまり筋肉痛が起こっているということは筋肉が増える準備をしている証拠なのですが、必ずしも筋肉痛が起こらなければならないということでもありません。

 

そうはいっても毎日体を動かしたいという方はどうすればよいのでしょうか。

 

一つのポイントとして挙げられるのは、負荷の少ない運動で回数を増やすということです。

 

筋肉痛は負荷の大きな運動を行ったときに起こりやすいと言われているからです。

 

さらに有酸素運動を取り入れると、筋肉痛が起こりにくいばかりか筋肉の回復も早いという大きなメリットがあります。

 

このような賢い筋トレ方法によって筋肉痛を経験しなくても十分体を鍛えることができるのです。

スポンサーリンク

関連ページ

楽しみが苦痛に!?スノボで筋肉痛にならないための予防法
人体の秘密!筋肉痛の時には運動はしないほうが良い?それとも・・・
ゴルフのための筋肉痛対策!翌日に疲れを残さない方法
自転車にどのくらい乗ると筋肉痛になる?対策と解消方法を紹介
水泳で起こる筋肉痛を緩和する方法と対策について紹介!
筋肉痛と肉離れの見分け方!初期対策で患部を悪化させない方法
筋肉痛の時はトレーニングは休む?休まない?計画性が最重要!
初心者注意!ボルダリングの筋肉痛は激痛!テクニックでカバーできる?
腹筋ローラーで筋肉痛がひどすぎる時にはココの見直しが必要!
筋肉痛の時にジョギングはなぜ有効?無理をしなければOK!
間違えると逆効果!?筋肉痛の時に筋トレするのはアリ?ナシ?
ヨガで筋肉痛になってしまうケースと予防のための柔軟性について
ランニングでなるべく筋肉痛にならない方法と起こりやすい場所
登山で筋肉痛にならない為には下山後の15分間が大切!
ロードバイクで筋肉痛になった時のアフターケア方法について解説!
スノーボードで筋肉痛になるのはなぜ?理由と回復方法について解説!
ピラティスで筋肉痛になるケースと正しい対処法について
テニスで筋肉痛にならないための予防と対処法について
ボディパンプで激しい筋肉痛になってしまった時のケア方法
懸垂の筋トレとやりすぎで筋肉痛になった時の回復の方法について