MENU

スポンサーリンク

筋肉痛の時に毎日筋トレやジョギングをする場合の注意ポイント

筋トレやジョギングなどをした翌日には筋肉痛になることがあります。筋肉痛になると休んだ方がいいという意見や、筋肉痛でも毎日の筋トレをこなすべきという意見の両方が見られます。

 

筋肉痛になっても毎日運動した方が良いのでしょうか。結論から言えば、どんな運動をしたかによって答えが変わります。まず筋トレのような激しい運動をして筋肉痛になった場合です。

 

筋肉痛は筋繊維の損傷から体が回復する過程で生じるものです。したがって、毎日同じような筋トレを続けると筋繊維の回復が遅れて筋肉が付きにくくなります。

 

ですから筋トレによる筋肉痛の場合には、毎日行うのではなく少し筋肉を休ませた方がいいでしょう。筋肉が修復されるまでには48時間から72時間程度が必要なので、筋肉痛に悩まされている場合にはしっかり休むようにします。

 

その間も回復に必要な栄養素を摂ってケアを怠らないようにしましょう。筋トレで異なった筋肉を鍛えることはできるので、毎日筋トレの種類を変えて運動することは可能です。一方でジョギングなどの有酸素運動の場合には毎日続けた方が良いと言えます。

 

それほど激しい運動ではないということと、24時間あれば十分に筋繊維の回復が可能だというのがその理由です。筋肉痛だからといって休んでしまうと、逆に筋肉が落ちてしまうこともあるので注意しましょう。

 

自分がどんな運動をしているかによって毎日行えるかが変わってきます。ぜひ自分に合った運動方法を見つけて毎日定期的に行えるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

楽しみが苦痛に!?スノボで筋肉痛にならないための予防法
人体の秘密!筋肉痛の時には運動はしないほうが良い?それとも・・・
筋トレの基礎知識!筋肉痛の時にはどんなケアをすれば良い?
ゴルフのための筋肉痛対策!翌日に疲れを残さない方法
自転車にどのくらい乗ると筋肉痛になる?対策と解消方法を紹介
水泳で起こる筋肉痛を緩和する方法と対策について紹介!
筋肉痛と肉離れの見分け方!初期対策で患部を悪化させない方法
筋肉痛の時はトレーニングは休む?休まない?計画性が最重要!
初心者注意!ボルダリングの筋肉痛は激痛!テクニックでカバーできる?
腹筋ローラーで筋肉痛がひどすぎる時にはココの見直しが必要!
筋肉痛の時にジョギングはなぜ有効?無理をしなければOK!
間違えると逆効果!?筋肉痛の時に筋トレを続けるのはアリ?ナシ?
ヨガで筋肉痛になってしまうケースと予防のための柔軟性について
ランニングでなるべく筋肉痛にならない方法と起こりやすい場所
登山で筋肉痛にならない為には下山後の15分間が大切!
ロードバイクで筋肉痛になった時のアフターケア方法について解説!
スノーボードで筋肉痛になるのはなぜ?理由と回復方法について解説!
ピラティスで筋肉痛になるケースと正しい対処法について
テニスで筋肉痛にならないための予防と対処法について
ボディパンプで激しい筋肉痛になってしまった時のケア方法
懸垂の筋トレとやりすぎで筋肉痛になった時の回復の方法について