MENU

水泳で起こる筋肉痛を緩和する方法と対策について紹介!

水泳が好きという方は少なくありません。

 

さらに筋トレのため、もしくはダイエットのために水泳を始めたという方も多いはずです。

 

しかし水泳を始めて感じることは、筋肉痛がひどいということです。

 

水泳は全身の筋肉をくまなく使うので、それほど負荷をかけなくても普段使わない筋肉が筋肉痛になることがあります。

 

しかも日常生活に支障が出るほどの筋肉痛であることが少なくありません。

 

ではひどい筋肉痛にならないためにできる事があるのでしょうか。

 

まず準備運動をしっかりするということです。

 

軽いウォーミングアップをしておくといきなり水泳で大きな負荷がかかるのを避けることができます。

 

手首、首、腰、背中、太もも、ふくらはぎなどをしっかりほぐしておくようにしましょう。

 

みんな最初のうちは張り切って準備運動をするのですが、慣れてくるにしたがって怠りがちになるので初心を忘れず常に水泳の前には準備運動を心掛けましょう。

 

泳ぎ終わった後も注意が必要です。

 

いきなり水泳をやめると疲労物質が排出されないため、筋肉痛がひどくなりがちです。

 

筋肉痛を回避するためにはクールダウンも重要なのです。

 

二の腕や太ももなどを重点的に軽い運動をすることによって水泳に伴う筋肉痛を軽減できます。

 

泳法によって使う筋肉が異なりますから、自分の泳ぎ方に合わせたクールダウンをしましょう。

 

水泳をする前と後にちょっとした気配りをするだけでつらい筋肉痛を経験せずに済みます。

 

ぜひ意識してやってみるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

楽しみが苦痛に!?スノボで筋肉痛にならないための予防法
人体の秘密!筋肉痛の時には運動はしないほうが良い?それとも・・・
筋トレの基礎知識!筋肉痛の時にはどんなケアをすれば良い?
ゴルフのための筋肉痛対策!翌日に疲れを残さない方法
自転車にどのくらい乗ると筋肉痛になる?対策と解消方法を紹介
筋肉痛と肉離れの見分け方!初期対策で患部を悪化させない方法
筋肉痛の時はトレーニングは休む?休まない?計画性が最重要!
初心者注意!ボルダリングの筋肉痛は激痛!テクニックでカバーできる?
腹筋ローラーで筋肉痛がひどすぎる時にはココの見直しが必要!
筋肉痛の時にジョギングはなぜ有効?無理をしなければOK!
間違えると逆効果!?筋肉痛の時に筋トレするのはアリ?ナシ?
ヨガで筋肉痛になってしまうケースと予防のための柔軟性について
ランニングでなるべく筋肉痛にならない方法と起こりやすい場所
登山で筋肉痛にならない為には下山後の15分間が大切!
ロードバイクで筋肉痛になった時のアフターケア方法について解説!
スノーボードで筋肉痛になるのはなぜ?理由と回復方法について解説!
ピラティスで筋肉痛になるケースと正しい対処法について
テニスで筋肉痛にならないための予防と対処法について
ボディパンプで激しい筋肉痛になってしまった時のケア方法
懸垂の筋トレとやりすぎで筋肉痛になった時の回復の方法について