MENU

テニスで筋肉痛にならないための予防と対処法について

運動好きの方の中にはテニス好きという方も多いのではないでしょうか。

 

非常に親しみのあるスポーツですが、初心者の方が戦わなければならないのが筋肉痛です。

 

最初の頃はテニスをした翌日動けなくなるほどの筋肉痛に見舞われることがあります。

 

二の腕、肩、お尻、股関節など、全身のあらゆる筋肉が痛くなるのです。

 

この筋肉痛ですが、たかが筋肉の痛みと甘く見てはいけません。

 

ただの筋肉痛と思っていると思わぬけがにつながることがあるからです。

 

特に二の腕の筋肉は小さいにもかかわらずテニスにおいて大きな働きをするため、筋肉痛になることが多いです。

 

無理をするとテニス肘やテニス肩といった症状が出てしまうことがあります。

 

テニスによる筋肉痛を和らげるためには、やはりストレッチが重要です。

 

テニスをする前はもちろんのこと、運動した後もしっかりとストレッチをするようにしましょう。

 

さらに運動後にアミノ酸を飲むというのも筋肉痛を和らげるのに効果的です。

 

テニスに限ったことではありませんが、運動をした後は筋肉を冷やして炎症を抑えるようにすると翌日以降の筋肉痛を軽減することができます。

 

さらに温冷浴も効果的です。

 

最初に熱いお湯、その後冷水で筋肉を温めたり冷やしたりすると副交感神経が刺激され、疲労物質を体外に排出することができます。

 

テニスは全身を使った激しいスポーツですから、終わった後の体のケアをしっかりと行い、なるべく筋肉痛にならないようにしましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

楽しみが苦痛に!?スノボで筋肉痛にならないための予防法
人体の秘密!筋肉痛の時には運動はしないほうが良い?それとも・・・
筋トレの基礎知識!筋肉痛の時にはどんなケアをすれば良い?
ゴルフのための筋肉痛対策!翌日に疲れを残さない方法
自転車にどのくらい乗ると筋肉痛になる?対策と解消方法を紹介
水泳で起こる筋肉痛を緩和する方法と対策について紹介!
筋肉痛と肉離れの見分け方!初期対策で患部を悪化させない方法
筋肉痛の時はトレーニングは休む?休まない?計画性が最重要!
初心者注意!ボルダリングの筋肉痛は激痛!テクニックでカバーできる?
腹筋ローラーで筋肉痛がひどすぎる時にはココの見直しが必要!
筋肉痛の時にジョギングはなぜ有効?無理をしなければOK!
間違えると逆効果!?筋肉痛の時に筋トレするのはアリ?ナシ?
ヨガで筋肉痛になってしまうケースと予防のための柔軟性について
ランニングでなるべく筋肉痛にならない方法と起こりやすい場所
登山で筋肉痛にならない為には下山後の15分間が大切!
ロードバイクで筋肉痛になった時のアフターケア方法について解説!
スノーボードで筋肉痛になるのはなぜ?理由と回復方法について解説!
ピラティスで筋肉痛になるケースと正しい対処法について
ボディパンプで激しい筋肉痛になってしまった時のケア方法
懸垂の筋トレとやりすぎで筋肉痛になった時の回復の方法について