MENU

登山で筋肉痛にならない為には下山後の15分間が大切!

登山やハイキングなどは、最近ではブームになっていますので行かれる方が非常に多いです。

 

登山など行くのが初めてという方は、登山後による筋肉痛に悩まされてしまうでしょう。

 

特に日常生活の中で身体を動かす機会が少ないという方は、身体全身の筋肉痛を感じることになると考えておいたほうが良いです。

 

それだけ身体への負荷がかかるということを理解して、登山などは行わなければいけません。

 

登山後の筋肉痛を少しでも和らげるために必要なことは、休息中や下山後にストレッチを行うことに有ります。

 

ストレッチは筋肉痛の予防として非常に効果が高いです。

 

ストレッチを行っていく際には、時間をかけて行うようにすることを心掛けていきましょう。

 

最低でも15分間程度はストレッチをするということを頭の中に入れておくと良いです。

 

15分程度ストレッチを行うだけで、身体が暖かくなってきますのでそれを目安にされると良いでしょう。

 

登山では特に足の部分に大きな負担を掛けることになってしまいます。

 

ストレッチを行っていく際には、足のストレッチを重点的に行うようにして下さい。

 

それ以外にもアイシングなどを行うのも効果的であると言えます。

 

アイシングを行うことによって、足の疲れを取り除いていくことが出来ます。

 

冬の登山に行く際には、長時間アイシングを行いますと凍傷になる可能性もありますので皮膚の感覚が麻痺するまでアイシングは行わないようにして下さい。

 

アイシングをするのは10分〜15分程度の時間が好ましいです。

スポンサーリンク

関連ページ

楽しみが苦痛に!?スノボで筋肉痛にならないための予防法
人体の秘密!筋肉痛の時には運動はしないほうが良い?それとも・・・
筋トレの基礎知識!筋肉痛の時にはどんなケアをすれば良い?
ゴルフのための筋肉痛対策!翌日に疲れを残さない方法
自転車にどのくらい乗ると筋肉痛になる?対策と解消方法を紹介
水泳で起こる筋肉痛を緩和する方法と対策について紹介!
筋肉痛と肉離れの見分け方!初期対策で患部を悪化させない方法
筋肉痛の時はトレーニングは休む?休まない?計画性が最重要!
初心者注意!ボルダリングの筋肉痛は激痛!テクニックでカバーできる?
腹筋ローラーで筋肉痛がひどすぎる時にはココの見直しが必要!
筋肉痛の時にジョギングはなぜ有効?無理をしなければOK!
間違えると逆効果!?筋肉痛の時に筋トレするのはアリ?ナシ?
ヨガで筋肉痛になってしまうケースと予防のための柔軟性について
ランニングでなるべく筋肉痛にならない方法と起こりやすい場所
ロードバイクで筋肉痛になった時のアフターケア方法について解説!
スノーボードで筋肉痛になるのはなぜ?理由と回復方法について解説!
ピラティスで筋肉痛になるケースと正しい対処法について
テニスで筋肉痛にならないための予防と対処法について
ボディパンプで激しい筋肉痛になってしまった時のケア方法
懸垂の筋トレとやりすぎで筋肉痛になった時の回復の方法について