MENU

筋肉痛の時はトレーニングは休む?休まない?計画性が最重要!

ハードなトレーニングをした翌日などには激しい筋肉痛に襲われることがあります。

 

とはいえ、毎日トレーニングしないと筋肉が落ちてしまうように感じることもあるかもしれません。

 

では筋肉痛になってしまったときにトレーニングを続けるのは難しいのでしょうか。

 

まず覚えておくべきなのは、筋肉痛になっている理由です。

 

トレーニングをすると筋繊維が損傷して、その損傷を治すために体が働き始めます。

 

白血球などの物質が集まってきて修復作業をするのですが、この時に刺激物質が出ます。

 

この刺激物質が痛みを感じる理由であるとされています。

 

体を休めることによってこの筋繊維の回復を促進して筋肉痛を和らげることができると考えられているのです。

 

筋肉痛になっているにもかかわらず筋トレを続けると、疲労物質の排出などができず筋肉の回復を妨げてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

とはいえ、毎日トレーニングをしたいと思っている場合には完全に休むというのも難しいでしょう。

 

そこで、一週間のトレーニングの予定を立ててみるのはいかがでしょうか。

 

ある日は腕の筋力トレーニング、別の日は腹筋、さらに別の日は太ももといったように別々の筋肉をトレーニングすることによって筋肉痛になっていない部分を鍛えることができます。

 

筋肉痛を感じないと筋トレしたという実感がわかないものですが、予定を立てると筋肉を回復させつつ別の筋肉を鍛えるという効率的なトレーニングができるのです。

スポンサーリンク

関連ページ

楽しみが苦痛に!?スノボで筋肉痛にならないための予防法
人体の秘密!筋肉痛の時には運動はしないほうが良い?それとも・・・
筋トレの基礎知識!筋肉痛の時にはどんなケアをすれば良い?
ゴルフのための筋肉痛対策!翌日に疲れを残さない方法
自転車にどのくらい乗ると筋肉痛になる?対策と解消方法を紹介
水泳で起こる筋肉痛を緩和する方法と対策について紹介!
筋肉痛と肉離れの見分け方!初期対策で患部を悪化させない方法
初心者注意!ボルダリングの筋肉痛は激痛!テクニックでカバーできる?
腹筋ローラーで筋肉痛がひどすぎる時にはココの見直しが必要!
筋肉痛の時にジョギングはなぜ有効?無理をしなければOK!
間違えると逆効果!?筋肉痛の時に筋トレするのはアリ?ナシ?
ヨガで筋肉痛になってしまうケースと予防のための柔軟性について
ランニングでなるべく筋肉痛にならない方法と起こりやすい場所
登山で筋肉痛にならない為には下山後の15分間が大切!
ロードバイクで筋肉痛になった時のアフターケア方法について解説!
スノーボードで筋肉痛になるのはなぜ?理由と回復方法について解説!
ピラティスで筋肉痛になるケースと正しい対処法について
テニスで筋肉痛にならないための予防と対処法について
ボディパンプで激しい筋肉痛になってしまった時のケア方法
懸垂の筋トレとやりすぎで筋肉痛になった時の回復の方法について