MENU

人体の秘密!筋肉痛の時には運動はしないほうが良い?それとも・・・

筋トレをしている方であれば、毎日運動したいと思うのが普通ではないでしょうか。

 

とはいえ、激しい筋肉痛に見舞われているときには運動を避けた方がいいと言う人もいます。

 

では実際にはどうなのでしょうか。

 

筋肉痛は筋繊維の損傷を体が回復させる過程で生じるものです。

 

ですから、基本的には体は休息を必要としており、筋肉痛の間は激しい運動は避けた方がいいでしょう。

 

しかし、筋肉痛を早く治したい場合には軽めの運動が効果的であることも事実なのです。

 

というのは体内に疲労物質がたまっていると筋肉の回復が遅れ、筋肉痛が長引いてしまうことがあります。

 

一方で軽めの有酸素運動を行うと疲労物質が排出されやすくなり、回復を早めることができるのです。

 

さらに有酸素運動によって体内に十分な酸素と栄養素が行きわたるので、筋肉痛の緩和に役立ちます。

 

具体的な有酸素運動としてはジョギングやウォーキング、無理のない範囲での水泳などが挙げられます。

 

もちろんこれらの有酸素運動もできる範囲で行う必要があります。

 

あまりに筋肉痛がひどくて動けないのにこうした軽めの運動をする必要はありません。

 

その場合にはゆっくり休養して動けるようになってから運動を再開すれば十分でしょう。

 

また長期間筋肉痛が続く場合には医師の診察を受けることも考慮に入れてください。

 

筋肉痛になってしまった場合には、自分の体の状況をよく把握したうえで運動をするかどうかを決める必要があるのです。

スポンサーリンク

関連ページ

楽しみが苦痛に!?スノボで筋肉痛にならないための予防法
筋トレの基礎知識!筋肉痛の時にはどんなケアをすれば良い?
ゴルフのための筋肉痛対策!翌日に疲れを残さない方法
自転車にどのくらい乗ると筋肉痛になる?対策と解消方法を紹介
水泳で起こる筋肉痛を緩和する方法と対策について紹介!
筋肉痛と肉離れの見分け方!初期対策で患部を悪化させない方法
筋肉痛の時はトレーニングは休む?休まない?計画性が最重要!
初心者注意!ボルダリングの筋肉痛は激痛!テクニックでカバーできる?
腹筋ローラーで筋肉痛がひどすぎる時にはココの見直しが必要!
筋肉痛の時にジョギングはなぜ有効?無理をしなければOK!
間違えると逆効果!?筋肉痛の時に筋トレするのはアリ?ナシ?
ヨガで筋肉痛になってしまうケースと予防のための柔軟性について
ランニングでなるべく筋肉痛にならない方法と起こりやすい場所
登山で筋肉痛にならない為には下山後の15分間が大切!
ロードバイクで筋肉痛になった時のアフターケア方法について解説!
スノーボードで筋肉痛になるのはなぜ?理由と回復方法について解説!
ピラティスで筋肉痛になるケースと正しい対処法について
テニスで筋肉痛にならないための予防と対処法について
ボディパンプで激しい筋肉痛になってしまった時のケア方法
懸垂の筋トレとやりすぎで筋肉痛になった時の回復の方法について