MENU

ヨガで筋肉痛になってしまうケースと予防のための柔軟性について

ダイエットや健康などを目的に、女性を中心に多くの人が行っているヨガ。

 

元々はインドの修行僧が行っていた精神修行で、その歴史はとても古いものです。

 

ヨガは独特のポーズや呼吸法が特徴で、指導資格を持ったインストラクターの元、体の様々な部位を伸ばしていきます。

 

様々なポーズには意味があり、どのような効果をもたらすのか説明を受けながら、体を動かしていきます。

 

中には高い柔軟性を求められるポーズもありますが、無理に体を曲げると、筋肉に負荷がかかって筋肉痛になってしまいます。

 

講師がポージングを教えるヨガ教室では、複数の生徒と一緒にヨガを行います。

 

当然、柔軟性は一人一人違いますから、無理して周囲についていこうとすると、筋肉痛を起こすこともあり得ます。

 

ヨガを行うときは、けっして無理をせず、自分のできる範囲でポーズをとりましょう。

 

普段使わない筋肉を使ってポーズをとるわけですから、当然負担はかかるもの。

 

少しでも筋肉が突っ張るような感覚を覚えたら、いったん姿勢を元に戻しても構いません。

 

そのうえでインストラクターと相談して、できそうなポーズを行ってみましょう。

 

ヨガの目的には健康維持も含まれていますから、それで筋肉痛になってしまっては、元も子もないですよね。

 

いきなり高度な技に挑戦しようとしても、できる訳がありません。

 

まずは自分の体の柔軟性をインストラクターとチェックしつつ、プログラムを進めていくことが大切です。

 

初めてヨガをする方は、どんなプログラムを行うのか、しっかり確認して進めていきましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

楽しみが苦痛に!?スノボで筋肉痛にならないための予防法
人体の秘密!筋肉痛の時には運動はしないほうが良い?それとも・・・
筋トレの基礎知識!筋肉痛の時にはどんなケアをすれば良い?
ゴルフのための筋肉痛対策!翌日に疲れを残さない方法
自転車にどのくらい乗ると筋肉痛になる?対策と解消方法を紹介
水泳で起こる筋肉痛を緩和する方法と対策について紹介!
筋肉痛と肉離れの見分け方!初期対策で患部を悪化させない方法
筋肉痛の時はトレーニングは休む?休まない?計画性が最重要!
初心者注意!ボルダリングの筋肉痛は激痛!テクニックでカバーできる?
腹筋ローラーで筋肉痛がひどすぎる時にはココの見直しが必要!
筋肉痛の時にジョギングはなぜ有効?無理をしなければOK!
間違えると逆効果!?筋肉痛の時に筋トレするのはアリ?ナシ?
ランニングでなるべく筋肉痛にならない方法と起こりやすい場所
登山で筋肉痛にならない為には下山後の15分間が大切!
ロードバイクで筋肉痛になった時のアフターケア方法について解説!
スノーボードで筋肉痛になるのはなぜ?理由と回復方法について解説!
ピラティスで筋肉痛になるケースと正しい対処法について
テニスで筋肉痛にならないための予防と対処法について
ボディパンプで激しい筋肉痛になってしまった時のケア方法
懸垂の筋トレとやりすぎで筋肉痛になった時の回復の方法について